2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 宝塚に帰ります♪おたより | トップページ | また訪れたい「ベルサイユ宮殿」♪おたより »

2008年7月 3日 (木)

お便り募集&紹介

ジャルジェ将軍も涙腺決壊?&オスカルは幸せな人生だった♪おたより

6月28日の「ベルばらKids」にお便りをいただきましたshine

★     ★     ★

sagittariusひろりんさん

煌めく髪を文金高島田に結い、白無垢姿のオスカル。
そんな姿を見て、誰よりも感激したのは、父親であるジャルジェ将軍だったかもしれませんね。
オスカルが三つ指をついて、しとやかに「父上、ふつつかな娘ではございましたが、今日までありがとうございました、、、」 などとお礼でも言うものなら、さすがの将軍も涙腺決壊で、大泣きしたでしょうね。
なんせ、6人姉妹のなかで、ジャルジェ将軍が一番手塩にかけた(一番手間がかかった?)、オスカルお嬢様ですものね!
そんな父娘(おやこ)の姿も見たかったなぁ、、、。ああ、また勝手に妄想してしまいました(笑)

---
お便りありがとうございましたsign01 ジャルジェ将軍、きっと大泣きでしょうねcrying 担当も見てみたかったです~shine

★     ★     ★

sagittariusアビさん

そんなことはありえない。と思いつつ、もしも生き延びて、二人が結婚していたら、と何度考えたことでしょう。でも、生きていたらきっと、オスカルは絶望することでしょう。きっとアントワネットが不幸になることに、苦しみ、幸せにはなれないと、私は考えます。自由、平等、友愛の革命の精神を信じて、アンドレとともに亡くなったオスカルは幸せな人生だったと、私は今は思います。

---
アビさんのご指摘も納得です。。。オスカルだったら、たとえアンドレと結婚して自分が幸せになったとしても、アントワネットが不幸になっていくところを見て苦しんだだろうな…と思います。お便りありがとうございましたsign03 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/07/03 8:39:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/41705161

この記事へのトラックバック一覧です: ジャルジェ将軍も涙腺決壊?&オスカルは幸せな人生だった♪おたより: