2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 寄り添いあう2人 | トップページ | ベルばらの時代の音楽エピソード《内容紹介》 »

2008年8月28日 (木)

Kidsのアトリエから

読者ライターが加わりました7

 読者ライターに新たにErikoさんが加わりました。連載コラム「ベルサイユの音楽会」では、「ベルばら」の時代の音楽史や作曲家のエピソードを紹介していきます。

Icon03
Erikoさん

1976年生まれ。
小さい頃から音楽漬けの生活をおくり、音楽大学、大学院と、ずっと音楽と共に生きてきて現在に至ります。昨年結婚し、「血にはやり武力にたけることだけが男らしさではない  心やさしくあたたかい男性こそが真に男らしいたよりになる男性なのだ(以下略)」というオスカルの台詞の意味が、やっと身をもってわかってきた今日この頃です。
「ベルサイユのばら」との出あいは、女子校時代の中学1年の時で、ラストまで読んだ時の衝撃は、まるで雷に撃たれたかのようでした。

ベルばらで好きなキャラクターベスト3は?
オスカル
アンドレ
ル・ルー

★連載コラム「ベルサイユの音楽会
 ⇒内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ 

----
これまでの読者ライターの方はこちらです。↓↓

智里chisatoさん

学生時代にフランス革命の魅力にとりつかれ、初めての海外旅行で、パリの博物館に飾られた「人権宣言」をみてほほえんでいた歴史オタク兼ライター。「ベルばら」をはじめとして、辺見庸、司馬遼太郎、手塚治虫、太宰治と「あしたのジョー」「はいからさんが通る」が今日の私をつくりました。趣味はクラシックバレエで、バレエ作品に関しても最近オタクです。オペラ座観劇のためバスティーユへ旅立つ日も近いでしょう。

歴史小説や漫画のキャラクターに感情移入しては、その時代にワープして楽しく妄想するのが得意。あらゆる登場人物、あらゆるセリフに対してあれやこれやと忙しく想像してます。ベッドサイドに「ベルばら」のコミックスが置いてありまして、寝る前にしょっちゅう眺めていたら台詞を暗記してしまい、だんだん妄想の余地もなくなってきました。そこで、ひさーしぶりにアニメ版「ベルばら」を見直して、新たに手に入れた、アニばらをネタしたフランス革命妄想ワールドをここで展開します!歴史オタクとしての知識も駆使して、当時のフランスの貴族や庶民の実状にも触れていきたいと思います。18世紀のパリ、ヴェルサイユを体感し、もう一度原作やアニメが見たくなるように皆さんに楽しんでもらえたらうれしいです。

ベルばらで好きなキャラクターベスト3は?
オスカル
アンドレ
ジャンヌ

★連載コラム「アニばら不思議発見
 ⇒内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ 

  pen     pen     pen

ベルばらで好きなキャラクターは?…ロザリー、アントワネット、シャルロット

★連載コラム「moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)
 ⇒内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ 

市瀬詩子さん

1980年生まれ。ベルばら歴15年。日本の片田舎に住む平凡なバイオリン弾きでしたが、ほぼ私の「勘違いで」現在通っている音楽院の入学証書サインをしてしまい、気付いた時には楽器とカバン片手にシャルル・ドゴール空港に降り立っていました。
知っていたフランス語は「ボンジュール」と「メルシー」程度。1から10の数さえ数えきれない語学力でのスタートでした。
現在、パリを拠点として活動する劇団「桜文月社-La fleur de juillet」に所属。ダンスやマイム・演奏によって、言葉をほとんど用いない新しい演技スタイルに挑戦しています。公演歴はパリを中心としたフランス、クロアチア・イスラエル。アルビー国際演劇祭にて最優秀作品賞受賞。2008年アヴィニヨン国際演劇祭OFFに出演予定。
またシネマテック・フランセーズで2005年にプログラムされた短編映画で主役を演じるなど、演技の幅を広げています。
ヴァイオリンの演奏も演技も体が資本、とにかくよく食べよく飲みよく食べよく飲み…よく寝ています。
フランスやパリに過剰な憧憬を抱いていなかったのが逆に幸いしたのか?紆余曲折がありながらも来仏4年目、のびのびと暮らしております。

  ☆  ☆  ☆
優月まりさん
Icon17_2 外国とはまるで縁のない看護師だったが、30代半ばでポーランド人の夫と知り合い、遠距離恋愛を経て、結婚。現在はポーランドの片隅に在住。二児の母。
 ベルばらを読み始めたのは、9歳の時、宝塚歌劇の
「マリー・アントワネットはフランスの女王なのですから」の場面に痺れたのがきっかけ。少女時代は熱心なオスカル・ファンだったが、結婚してからマリーに共感するようになる。
 HPは「まるメゾン・エッセー館」⇒
http://malmaison.enf.pl/

 ベルばらで好きなキャラクターは?…マリー・アントワネット、ルイ16世

★連載コラム「天の涯から~東欧ベルばら漫談」
 ⇒内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ 

  ☆  ☆  ☆
池田智恵さん
icon1 1981年4月1日生まれ。「パタリロ」と同じ日に生まれ、「じゃりン子チエ」の名をとって命名される。3年間書店員を経験し、現在書店営業修行中。おたくはマンガだけにしておきたかったのに、最近アニメにもはまりつつある…。業が深いです。

 ベルばらで好きなキャラクターは?…オスカル、アンドレ、アラン

★連載コラム「アニばら解体新書」
 ⇒内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ 

  ☆  ☆  ☆

Icon17 米倉敦子さん
1975年埼玉県生まれ。
「漫画を読むとバカになる」と言われて育つものの、禁じられれば愛は余計に燃えるわけで…。結局、友だちからこっそり借りまくって、禁忌の悦楽に見事はまる。節操がなく、興味がわけばなんでも読む。なま物(演劇)にもかなり散財している。
ファンタジー好きで、ギリシャ、ローマ、北欧、和物など、神々の破天荒な恋愛話や冒険談が大好物。
現在、フツーの勤め人だが、一念発起してライター修行中。

「ベルばら」で好きなキャラクターは?
…オスカル、アントワネット、アンドレ

★連載コラム「神々のプロフィール - ばらに宿った神話」
 ⇒内容紹介のページへ
 ⇒一覧ページへ

  ☆  ☆  ☆

Icon04スイ・ラデルニエールネさん
本名・谷口芽萌(suï ladernière-née)。万年思春期ライター、ときどき主婦。東京都出身、明治大学文学部文学科仏文学専攻卒業。東京-パリ間を行き来し、移住をもくろむ精神的パリジェンヌ。ところがフランス語は、勉強し始めた17歳の頃からちっとも進歩せず…。ここでのレッスンを通じて、誰よりも自分が一番学ぼうと企んでいます。

「ベルばら」で好きなキャラクターは?
…アントワネット、ロザリー、ル・ルー。かわゆい女子が好きです。

★連載コラム「Kids学園フランス語科」
 ⇒
内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ


  ☆  ☆  ☆

Icon15_1あこさん
30歳独身、オスカルさまとお揃い(笑)だけどアンドレのようなイケメン彼氏が欲しい女です。いつも見てばかりの「ベルサイユのばら」に物申す場がなかったのでこの場を借りてぜひ!大好きなのはもちろんオスカル様♪原作&アニメどちらもOKな私です。原作にはないアニメの感動したシーンは数多くあり、それでもなおアニメの語りきられなかった闇の部分にせまっていきたい、日々そんな思いを抱いている私です。どうぞよろしくお願いいたします。
 
ベルばらで好きなキャラクターベスト3は?
…オスカル・アラン・ディアンヌ

  ☆  ☆  ☆

Icon07 さちさん
北アルプスを縦走したり、北海道をヒッチハイクしたり、歌舞伎を観たり、ロンドンにミュージカルを観に行ったり、奔放な学生時代を送る。
「日出処の天子」「あさきゆめみし」「大奥」など歴史漫画を愛読。
立教大学文学部日本文学科卒業。卒業論文は、源氏物語『六の君・密通の可能性』。
現在は、新聞社校閲記者アルバイト。

ベルばらで好きなキャラクターベスト3は?
…マロン・グラッセ(オスカルのばあや・アンドレの祖母)
マリア・テレジア(アントワネットの母)
オスカル

★連載コラム「花咲けるやまとなでしこ絵巻」
 ⇒内容紹介ページへ
 ⇒一覧ページへ

  ☆  ☆  ☆

Icon03 KAOりーなさん
何卒末永くベルばらKidsに関わっていければと考えています。
自分でベルばらのHPを出したいなっと、思っていますがまず、手始めに、読者ライターを経験して、次に生かせればと思っております。

ベルばらで好きなキャラクターベスト3は?
…オスカル・アラン・ジェローデル

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/08/28 9:00:00 Kidsのアトリエから | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/42297731

この記事へのトラックバック一覧です: 読者ライターが加わりました7: