2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« プチトリアノンの内部が修復♪おたより | トップページ | 舞踏会は大騒ぎ »

2008年10月 6日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

シーズン到来!SALON DU VIN特集

Image002

ぴちぴちで実がはじけるそうな、ぶどう、ぶどう、ぶどうの山。

夏の終わりから店先に並び始めた葡萄(ぶどう)は今、実りの秋を迎え、シーズン最後の輝きを放っています。

生食用の葡萄を口にして今年の出来を確認したら、今度はボジョレを初めとするワインの完成度も気になってきませんか?

第14回目の『私だってパリジェンヌ講座』は、『シーズン到来!SALON DU VIN特集』をお送りします。

wineワインの季節

店先に食用の葡萄が、本屋にワイン特集の雑誌が並び、スーパーもワインフェアの案内状をポストに投げ入れる頃になると、クリスマスを頂点とした長いワイン商戦が始まります。

若いパリジャンやパリジェンヌのワイン離れがうたわれて久しい昨今ですが、街角にはワイン屋さん、スーパーのワインの棚は数メートル、カフェに行っても隣のムッシュはワイン片手に新聞を読み、セーヌ沿いでピクニックをする家族連れもワインを手に談笑…と、相変わらずフランス人のワイン消費量は計り知れません。

さて、葡萄の収穫時期と共に始まるワインのシーズン。その中でも大きな目玉となるのが、SALON DU VIN――ワインの展示会です。これはワイン農家や生産者が展示会場にブースを出し、試飲・販売を行うものです。

SALON DU VINは大きく2つに分けられます。

ひとつはプロのバイヤーを対象とした展示会。生産者や製造会社から、ワインショップやレストランのソムリエなど「ワインのプロ」が買い付けに行くものです。これは私たち一般の消費者が参加できるチャンスは殆どありません。

もうひとつは一般の消費者向けの展示会です。これはプロでなくても参加・購入することができます。

それでは早速SALON DU VINの案内ページを見て、今シーズン開催される展示会の中からプロのバイヤーでなくても簡単に参加できるものをピックアップしてみましょう。
このページには、今シーズン、フランスとその近隣諸国で開催される主なワインフェアのスケジュールが掲載されています。10月だけで15ものワインフェアの開催が予定されています。
⇒ SALON DU VIN 開催スケジュール

この中から、パリで開催されるフェアで、私が特にお勧めのものを2つご紹介いたします。

まずは、パリの伝統あるこちらのSALON DU VIN。

wineFÊTE DES VENDANGES DE MONTMARTRE à Paris
モンマルトル葡萄収穫祭(パリ)

毎年10月の第2週末に開催されるパリ市とパリ18区主宰の一大イベント、FÊTE DES VENDANGES DE MONTMARTRE à Paris(フェット・デ・ヴォンダージ・ド・モンマルトル・ア・パリ)。昔は一面葡萄畑だったモンマルトルの丘に、現在はほんの一部だけその名残があります。その葡萄畑での収穫を祝って、毎年沢山の人が訪れ、屋台のワインやチーズに舌鼓を打ちます。

公式ページによると、今年のテーマは  Montmartre fête son cinema(モンマルトル映画のお祭)。映画の舞台としても有名なモンマルトルで「アメリ」をテーマにしたコンサートの他、フランス映画の監督・俳優を招いてのイベントが多数開催予定です。

道にはアコーディオン弾きやギター弾きが溢れ、ワインやハム・チーズの販売は勿論、会場の隅から隅まで歩いていると、出店の売り子さんたちに、もう右からも左からも、どんどん試飲や試食をすすめられます。全て飲んでしまうと帰り道にはべろんべろんに酔っ払ってしまうので、ワインは自分の許容量とよく相談してから受け取ってくださいね。

ここで収穫された葡萄から作られる「パリ産」のワインは、毎年1000本の限定販売。貴重なこのワインを手に入れるチャンスです。

モンマルトルでのワイン祭り、10月に入り小雨のぱらつく寒い日が続きますが、来年のワインの為にも良い葡萄が収穫できるといいですね!

subway最寄り駅:12番線Lamarck Caulaincourt
駅から出てすぐに見つける事が出来ます。Au Lapin Agilという有名なシャンソニエの向かいです。
memo公式ページ:http://www.fetedesvendangesdemontmartre.com/
memo開催期間:2008年10月10日~12日

          diamond        diamond        diamond

もうひとつは、フランスの中でも最大規模のSALON DU VINのご案内です。

wineSALON DES VIGNERONS INDEPENDANTS à Paris
独立生産者ワインフェア(パリ)

パリで開催されるワインフェアでは、出展数、会場の規模、来場者の全てが群を抜いている、SALON DES VIGNERONS INDEPENDANTS à Paris (サロン・デ・ヴァン・デ・ヴィギョブル・アンデパンダン)。世界一のワインフェアの1つに数えられるのではないでしょうか。

入場料を払うとまずグラスを手渡され、試飲タイム開始です。全ての出展ブースのワインは試飲可能、お店によってはチーズやワインも置いてあります。

店舗によっては1本から買うことも出来ますし、クリスマスや年末に向けてダース買い、箱買いも可能です。

出店数、毎年およそ1000。ひとつのブースで1杯ずつ飲んだとして、全店舗制覇したら約1000杯!全て制覇してしまったらきっと急性アルコール中毒になってしまいますので、まずはブースを回り、試飲するワインを絞り込むことをお勧めします。「○○年に○○メダル受賞」や「○○コンクール優勝」など過去の実績が掲示されているブースは、ひとまず試飲してみる価値があるとおもいます。

ただし、いくらワインやおいしいおつまみが沢山あっても、SALON DU VINは無料のワインバーというわけではありません。生産者や製造業者が子供のように大切に育て、それを発表する大切なステージ。なかなか普段はお目にかかれないワインに携わる方と言葉を交わしてみたり、フランス語が話せなかったとしても「セ・ボン!(おいしい!)」と一声かけてみるだけでも、SALON DU VINの楽しみをもっともっと発見することが出来るかもしれません。

毎年会場の隅で、飲みつぶれて眠ってしまっている方が必ず数人いらっしゃいます。飲みすぎ、帰り道には十分お気をつけください。

subway最寄り駅:12番線 Porte de Versailles
event会場:Paris Expo - Porte de Versailles

駅から表示が出ているので分かりやすいと思います。駅の目の前です。
memo公式ページ:http://salonsdesvins.vigneron-independant.com/
memo開催期間:2008年11月27日~12月1日
clock開催時間:10時~20時(但し最終日は18時まで)

wineあの年・あの時ボジョレ・ヌーヴォーがどのように熟成したか、いま一度試してみませんか?
⇒asahi.comショッピングで「ボジョレ」を検索

2008年のボジョレの出来を占うにも参考になりそうなSALON DU VIN。秋から年末にかけてフランス・パリにお越しの際には、旅行の計画のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

第14回のパリジェンヌ講座はいかがでしたか?次回は11月、第15回ボジョレ解禁直前にお会いしましょう!(市瀬詩子

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/10/06 10:43:27 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/42701982

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン到来!SALON DU VIN特集: