2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ベルナール編行ってきます♪おたより | トップページ | パリの街角でノエルを感じる »

2008年12月 2日 (火)

お便り募集&紹介

愛する娘の悲劇♪おたより

11月29日の「ベルばらKids」にお便りをいただきました。

heart     heart     heart

★アビさん

マリア・テレジア。偉大な女帝ですが、愛する娘の悲劇を見たくないという願いだけは、神はかなえてくれたようですが、国を守るためには、娘も道具に使わなければならない。悲しい母ですね。

---
お便りありがとうございました。マリア・テレジアの苦悩には想像を絶するものがあったでしょうね。きっと今頃は、Kidsのアントワネットを見てほっとしているのではないでしょうかconfident

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/12/02 10:31:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (2)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/43285097

この記事へのトラックバック一覧です: 愛する娘の悲劇♪おたより:

» kids-でつながるブログリング トラックバック blogring.org
kidsに関するブログをまとめています。 続きを読む

受信: 2008/12/03 7:15:07

» ツヴァイクのマリー・アントワネット トラックバック 胡桃の中の世界
これは私の中学生の頃からの愛読書。 マリー・アントワネットの伝記です。 マリー・アントワネット〈上〉 (岩波文庫)シュテファン ツヴァイク マリー・アントワネットは、王党派の祭りあげた聖女でもなければ、革命のとなえた娼婦、「賤業婦」でもなかった。 彼女は可もなく不可もない性格の持主であり、ただの一女性であって、特別賢いわけでもなく特別馬鹿だということもなく、火でもなければ氷でもなく、善行に対する特別の力をそなえていたわけではないが、そうかといって、悪事を犯す意志はもうとうなかった... 続きを読む

受信: 2008/12/08 12:18:34