2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« “食欲”という名の悪魔 | トップページ | 今週のベルばらKidsは「ル・ルーのファンなら」 »

2009年1月23日 (金)

お便り募集&紹介

ロココの貴婦人は肩こりだった?♪おたより

ベルばら絵日記ロココ時代のファッションショー」にお便りをいただきました。

diamond     diamond     diamond

★ひろりんさん

なとみさん、こんにちは。
ロココの貴婦人ステキです!
小鳥たち、マジで頭に巣作りしそう(笑)
さて、実際のロココの貴婦人達も鳥かごを乗せて髪を結いあげたり、帆船を乗せたりとずいぶんと凝っていたみたいですね。凝り過ぎて、さぞや肩も凝ったんじゃないかって、ちょっと心配しちゃいます。美しくなるってことは、エネルギーがいるのね(笑)

---
お便りありがとうございました。そういえば、アントワネットも「ベルばらKids」の中で頭の上に帆船を乗せていましたsweat01美しさのためには、体力と精神力が必要そうですねcoldsweats01

sign01連載「アニばら不思議発見」の、「ヘアモードについて」で、当時の髪型について解説しています。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2009/01/23 23:46:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/43819565

この記事へのトラックバック一覧です: ロココの貴婦人は肩こりだった?♪おたより:

» 髪粉について トラックバック 秘密の花園
かつらの流行は、ルイ13世がきっかけではじまりました。 これは前述したとおり、ルイ13世は薄毛で悩んでいたから着用していたと言われているわけですが、これを廷臣たちが王にならって次々と着用するようになっていった結果、ついに18世紀になると、それは広く一般にまで普及するレベルにまで達します。 ちなみにこのかつら、発展の歴史のなかで様々なタイプが登場しました。 まずはアロンジュ(allonge)と呼ばれるもの。 これは主にルイ14世の時代に用いられたものです。 形は、螺旋状にカールした長... 続きを読む

受信: 2009/01/25 9:35:21