2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「ベルナールのモデルは?」 | トップページ | 「かわいいパリ、いろいろ」 ともさかりえさんとパリ歩き »

2009年2月 2日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

Coupe du Monde de la Pâtisserie ~スイーツのワールドカップ~

「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」とアントワネットが言ったか否かはさておき、フランスは自他共に認める世界一のスイーツ大国ではないでしょうか。

そんなフランスで開催される"Coupe du Monde de la Pâtisserie(クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティシエール)"は、各国代表のパティシエ達が頂点を競う、「スイーツのワールドカップ」です。

第18回目の「私だってパリジェンヌ講座」は少しパリを離れまして、スイーツ大国フランスの第2の都市・リヨンで開催された「Coupe du Monde de la Pâtisserie ~スイーツのワールドカップ~」のレポートをお届けいたします。

Parisiennne18_html_d3ad0be
Parisiennne18_html_7018536
↑Coupe du Monde de la Pâtisserieの会場とパンフレット。モデルの女性のアクセサリーに注目。

今年で第20回を迎える"Coupe du Monde de la Pâtisserie(クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティシエール)"は、国別対抗の製菓コンクール。各国それぞれ3人の代表が、予め決められている部門ごとの作品を時間内に製作し、審査員によって順位が決定されます。2年に1度の開催で、今回は22の国・地域が参加し、1月末に行われました。

部門と規定は以下のとおりです。

cakeAssiette de desserts(お皿に盛られたデザート)
12皿の同じ構成の審査員試食用のデザート皿と、125cm以内の高さのピエスモンテ(高く積み上げられた観賞用のスイーツ)を作成する。

cakeEntremets glacé aux fruits(フルーツの冷たいデザート)
展示用の6人分・2種類のデザートと、審査員試食用のものを10人分作成する。フルーツは天然のものを使用する。

cakeSculpture sur glace(氷の彫刻)
120 x 50 x 40cm の氷を使用のこと。

cakeEntremets chocolat(アントルメ・ショコラ)
チョコレートのデザート一般。6人分の展示用アントルメ・ショコラとピエスモンテ、審査員試食用の10人分・2種類ずつ製作する。

他にもスポンサー会社の食材を必ず使用することが義務付けられていたり、一部のビスケット以外の背景使用は認められない、など細かな規定があります。

ちなみに前回大会の2007年度には、日本チームが1位を獲得しています。今大会は特に連覇が注目されています。

    birthday      birthday      birthday

一斉に製作の始まった会場内はまるでお祭り騒ぎ。日本チームは木べらを打ち鳴らす応援団が盛り上げ、地元フランスが負けじと歓声を上げ、その隣の優勝経験国・イタリアも足を踏み鳴らして応戦します。そんな中、各国の選手は黙々と作品を仕上げ、本当にあっという間に制限時間いっぱいに。

さて注目の作品発表です。

展示された各国の作品の中で、一番と言ってもいいほどの写真撮影者が集まっていたのは…

Parisiennne18_html_74eb66e6

Parisiennne18_html_m2b18ee36

前回優勝国・日本の作品。上の写真は和のテイストを感じる構成のショコラと飴細工のピエスモンテ。下の写真の氷の彫刻も、アジアンティックな印象を受けます。

Parisiennne18_html_m4f3634a9
審査員による試食の様子。そうそうたる顔ぶれの審査員は現役のパティシエがほとんど。右端の帽子を被っていない男性は名誉審査委員長である、かの有名なピエール・エルメ氏です。

Parisiennne18_html_m55efe07d
審査結果を待つ各国選手団。緊張の一瞬です。さて、優勝は…

開催国・地元フランス!おめでとう、フランスチーム!

S_parisiennne18_html_m5a5ed
授賞式は花火があがり、紙ふぶきが舞い、賑やかに幕が閉じました。

ちなみに日本チームは4位と入賞を逃しましたが、2年後は日本チームに再度栄冠が輝きますように…。

Parisiennne18_html_6dc40eee
↑優勝したフランスチームの作品のひとつ。

"Coupe du Monde de la Pâtisserie"公式HP
http://www.cmpatisserie.com/

SIRHA公式ページ内で競技模様の映像を見ることができます(音あり注意)。http://sirha.get-live.tv/evenement/Coupe-du-monde-de-patisserie

    birthday      birthday      birthday

第18回目の私だってパリジェンヌ講座はいかがでしたでしょうか?コンクールという厳粛な雰囲気になりがちな催しの中でも、楽しさを忘れない。スイーツを口にすると、誰もが心躍らずにはいられない…そんな気持ちが会場いっぱいに詰まった、スイーツのワールドカップ、"Coupe du Monde de la Pâtisserie"。次回は2011年に開催予定です。

次回はまたパリよりお届けいたします。(市瀬詩子

Parisiennne18_html_7a19aa87
↑エッフェル塔も心なしか寒そうな真冬のパリです…。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2009/02/02 12:17:31 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (3)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/43932792

この記事へのトラックバック一覧です: Coupe du Monde de la Pâtisserie ~スイーツのワールドカップ~:

» お菓子の歴史におけるウィーン会議 トラックバック 秘密の花園
ウィーン会議は、ハプスブルク宮廷菓子にとって、とても重要な出来事でした。 そもそもウィーン会議とは、政治的には、ナポレオンによってめちゃくちゃにされたヨーロッパを再編成するために、オーストリア外相メッテルニヒ(1773~1859)主導のもと開催された平和会議のことです。 その参加者はロシアのアレクサンドル1世、プロイセンのヴィルヘルム3世、イギリスのカスルレー外相、フランスのタレーラン外相など、およそ200の国、候国、都市の代表が集まりました。 会議参加者の数は一万を超えたといわれています... 続きを読む

受信: 2009/02/02 12:50:47

» 次は「味噌スイーツ」??? トラックバック 青清のBlog
塩、しょうゆに続き、次に人気がでそうなスイーツは「みそスイーツ」って情報を今日耳にしました。情報が遅いと言われてしまいそうですが、男の立場からどうしてもスイーツ系の情報には疎いのも事実です。若女将も、チーズやバターなど乳製品との相性はいいよって話していたのも事実です。もっと早く気付いてあげられれば良かったのにって後悔しても遅いですね。... 続きを読む

受信: 2009/02/03 0:20:43

» 高級フルーツ店の贅沢ゼリー トラックバック グルメ&スイーツ
●高級フルーツ「ラ・フランス」を1個半と贅沢使用●しなやかな食感、広がる上品な甘みがたまらない!●全国でも名産地として名高い山形県産の ラ・フランスを大胆に使用 ■上品な甘み×香り高い果汁のハーモニー■山形県のじょうしつな果実を厳選高級フルーツ店の贅沢ゼリー…¥4,809(税込)「こんなゼリー食べたことない!」大きくスライスした果実がゴロゴロッ♪ゼリーの部分はジュースのようになめらか。封…... 続きを読む

受信: 2009/03/03 19:39:24