2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 中身が濃いベルばら♪おたより | トップページ | 元気な2人 »

2009年2月24日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

アメリカの魔女狩り 1692年

  ~アントワネット生誕63年前~

 「魔女狩り」――「教会による組織的・狂信的異端摘発(てきはつ)」(*『新明解百科語辞典』より)――には、ヨーロッパ中世の暗黒史というイメージがある。だが実際には近世前期に至るまで続いていたし、規模は小さいが新大陸アメリカでも行なわれていた。

 アメリカにおける最後で最悪の魔女裁判といえば、現マサチューセッツ州セイレムの村で起こった1692年の事件。『クルーシブル』(ニコラス・ハイトナー監督、1997年公開)は、その痛ましい顛末(てんまつ)を描いている。

 とかくそうだが、発端は些細(ささい)なことだった。村に住む少女たちの言動が、どうも最近おかしいとの噂がささやかれたため、牧師が調べはじめ、ブードゥ教信者の黒人奴隷女の悪影響ではないかと疑いを持つ。

 牧師は奴隷女を激しく鞭打ち、少女たちに魔法をかけたことを「白状」させるが、これを知った少女たちは一種の集団ヒステリー状態に陥って、昏倒(こんとう)するやら叫びだすやら大騒ぎになる。

 そこで招かれたのが、魔女の学問的権威であり、『妖術と悪魔憑きに関する注目すべき神慮』の著者にして、ロンドン王立学会会員(アメリカ人では初めて選ばれた)メーザーだった。

 張り切ってセイレムへやって来たこの大先生は、たちまち200人もの容疑者をあげ、拷問に次ぐ拷問(当時は合法だった)によって31人に死刑判決を下し、そのうち20人を速攻で処刑してしまった。

 なんという恐ろしい展開だろう!

 抑圧的な村の雰囲気、楽しみのない日常、そこへ思春期特有の不安定な精神状態があいまってヒステリックになっていた少女たちはやがて我に返り、儀式ごっこで遊んでいただけだったと正直に語り始めた。拷問で偽証させられた容疑者たちも公の場で真相を告白し、世論はこの魔女裁判の不合理に批難の声をあげはじめる。

 こうして獄中の「魔女」たちは全員放免され、後年、陪審員たちは連名で自らの判定に対する修正書を提出して謝罪した(殺された者は生き返らないが・・・)

 つくづく嫌になるのは、権威を嵩(かさ)にきてこの裁判全体を取り仕切ったメーザー自身には、何のお咎めもなかったこと。彼は裁判が無効になった後でも『目に見えぬ世界の驚異』を出版し、魔女狩りの正当性を説き続けた。

 あくまで自分は正しいと信念を持つのはけっこうだが、こういう輩(やから)に権力を与えるとろくなことにならないのは、歴史が延々と証明していよう。 (中野京子)

movieクルーシブル

監督:ニコラス・ハイトナー
出演:ウィノナ・ライダー、ダニエル・デイ・ルイス他
公開:1997年

⇒Amazon.co.jp on asahi.com で「クルーシブル」のDVDを検索

scorpius      scorpius      scorpius

penお知らせ
人気本「怖い絵」の著者、中野京子さんが朝日カルチャーセンターで、講演を行います。

「怖い絵」で学ぶ西洋史
講師・中野京子

近代以前の泰西名画には、知られざる歴史がぎゅっと詰めこまれています。感性による絵画鑑賞法も悪くはありませんが、西洋史という視点から絵をじっくり見てゆくと、これまでとは全く違うものが見えてくるのではないでしょうか。名画を楽しみながら、歴史の面白さを再発見していただけると嬉しいです。
今回取り上げるのは16世紀のイギリス(ホルバイン)とフランドル(ブリューゲル)、そして17世紀のロシア(レーピン)とオランダ(レンブラント)です。どんな名画が出てくるか、お楽しみに!

日時:4月9日(木) 18:30~20:00
受講料(税込):カルチャーセンター会員2,940円、一般3,570円
場所:新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター(申し込みは4階受付)
⇒詳しくは朝日カルチャーセンター新宿の講座紹介&申し込みページへ

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2009/02/24 8:42:33 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (3)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/44159625

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの魔女狩り 1692年:

» 魔女狩り終焉まで(世界史レッスン<映画篇>) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第10回の今日は、「アメリカの魔女狩り」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2009/02/post-2dc4.html  映画『クルーシブル』について書きました。  もうすぐ18世紀になるというのにまだ魔女裁判か、と暗澹とするが、アメリカは早い方で、ロビンズの研究によれば(若干、異説もあるようだが)、各国の魔女裁判の最終年は、以下ーー  オランダ    1591年  イ... 続きを読む

受信: 2009/02/24 9:49:21

» 魔女狩り終焉まで(世界史レッスン<映画篇>) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第10回の今日は、「アメリカの魔女狩り」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2009/02/post-2dc4.html  映画『クルーシブル』について書きました。  もうすぐ18世紀になるというのにまだ魔女裁判か、と暗澹とするが、アメリカは早い方で、ロビンズの研究によれば(若干、異説もあるようだが)、各国の魔女裁判の最終年は、以下ーー  オランダ    1591年  イ... 続きを読む

受信: 2009/02/24 9:50:28

» 魔女と聖女 トラックバック 秘密の花園
ヨーロッパには、悪魔に仕えると言われている「魔女」と、神に仕えると言われている「聖女」という、二つの全く正反対の性質をもつ女性像が存在していました。 これらについて調べていくと、びっくりすることに、魔女が誕生、流行した時代と、聖女が誕生、流行した時代とはかぶるということがわかります。 つまり、魔女狩りで魔女が激しく嫌悪された時代と、聖女になった女性が増え、とても崇拝された時代というのはほぼ同じ時期だということです。 そしてもうひとつ気がつくのは、魔女と聖女の特徴的な能力とされているものは、... 続きを読む

受信: 2009/02/24 20:39:45