2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「画家が果たした役割」 | トップページ | アメリカの魔女狩り 1692年 »

2009年2月23日 (月)

お便り募集&紹介

中身が濃いベルばら♪おたより

2月21日の「ベルばらKids」にお便りをいただきました。

cake     cake     cake

★アビさん

先日、幼馴染が、驚いていました。
「ベルサイユのばら」がコミックス10巻だったと話したら「そんなに短かったの。すごく中身が濃かった印象があるんだけど」と言っていました。
それだけの長さの物語から、何作もの宝塚版「ベルばら」が生まれ、今も新しいストーリーが生まれている。池田理代子先生が生み出した「ベルばら」の偉大さを改めて感じました。

アンドレ、割れたままのチョコじゃなくてよかったね。オスカルなら、割れたままのチョコを「さぁ食べろ」と言いそうなのに。

---
お便りありがとうございました。たしかにベルばらはコミックスbookにすると短いのかもしれませんが、読むにはすごくwatch時間がかかるし、読み終わったら「読んだーhappy02」という充実感でいっぱいですよね。それだけ内容が『濃い』のでしょうねjapanesetea

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2009/02/23 20:13:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/44151460

この記事へのトラックバック一覧です: 中身が濃いベルばら♪おたより: