2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「受賞の夜の大使公邸」 | トップページ | 暇な貴族の恋愛遊戯 1782年 »

2009年3月23日 (月)

ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内

池田理代子先生おめでとう!

Icon1先日、理代子先生にフランス政府からレジオン・ドヌール勲章(シュヴァリエ)が贈られました!(記事はこちら

 

Icon2うわ、すっごいねえ・・・。先生、おめでとうございますー!

 

 

Icon1「『ベルばら』などを中心とした長年にわたる日仏の文化交流への貢献が評価された」(引用元はこちら)ですって!
「ベルばら」の舞台となったフランス政府にも、「ベルばら」の良さが認められたってことよねっ。

 

Icon2おれは前々からずーっと、理代子先生はレジオン・ドヌール勲章をもらってもおかしくない、いや贈られるべきだ!って思ってたけどね。
この作品に登場したおれとしても、鼻が高いってものだ!

 

Icon1あなたがふんぞり返ってどうするの・・・。

 

Icon2「大きな社会現象になったこの漫画を読んで、フランス革命などのフランス史に夢中となり、ヴェルサイユ宮殿にあこがれ、フランス語を学び始めたり、フランスの料理や文化遺産にも興味を持つようになった人がどれほどいたことでしょうか。」(引用元はこちら
ってあるけど、本当にいろいろな人の人生に影響を与えてるんだよね。
こんなすごい作品に登場してるんだから、今日くらいふんぞり返ったって許されるだろう?

 

Icon1やれやれ・・・。
というわけで、今回はその「レジオン・ドヌール」について紹介をしたいと思います。
パリには、「レジオン・ドヌール博物館」というのがあるの。

 

Icon2パリにはいろいろな博物館があるけれど、勲章にまで博物館があるのかぁ。

 

Icon1「レジオン・ドヌール」は、ナポレオンが1802年に制定したものなの。

 

Icon2理代子先生は、ご自分が作品で描いたこともあるナポレオンが作った勲章をもらったってことだな。
うーん、感慨深いな。しみじみ・・・。

 

Icon1ふんぞり返ったりしみじみしたり、忙しいわね(笑)
こちらでは、レジオン・ドヌール勲章だけでなく、フランス革命以前の勲章やフランス以外の国の勲章も展示しているのよ。もちろん日本のものも!

 

Icon2公式HPでは、バーチャルツアーも楽しめちゃうよ!

 

Icon1受賞者の名前を見ていて思ったんだけど、シャーロック・ホームズって、実在の人物じゃないわよね?

 

Icon2イギリスが生んだ名探偵のことか?そりゃもちろん架空の人物さ。
・・・ということは、架空の人物でもチャンスがあるってことか!

 

Icon1フランス政府も、粋な計らいをするじゃない。

 

Icon2そう、そこなんだよ。と、いうことはだ。わかるか?
次は当然この――

 

Icon1オスカルおねえちゃまはともかく、アンドレは叙勲の可能性、すっごく低いんじゃない?

 

Icon2・・・最後の最後まで希望を打ち砕いてくれてありがとう(涙)。

 

Icon1そう、最後なのよね。
わたしとアンドレが案内していたこのコーナー、今回で最終回なのよ。うっうっう。

 

Icon23年間もよくもまあ、お守りしたもんだな。
あ、「おまもり」じゃなくて「おもり」だから。

 

Icon1それはこっちのセリフよ。
こんな私たちに付き合って下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

Icon2次回からはおれとオスカルの「オスカルetアンドレのラブラブ★ふらんす案内」が始まるから、お楽しみに!

 

Icon1うっわー、きつい・・・というかありえないから、それ。色々な意味で。

 

Icon2うっうっう・・・(泣)

 

Icon1Icon2それでは皆様、またいつかどこかでお会いしましょう!

 

 


 

Musee de la Legion d'Honneur(レジオン・ドヌール博物館)

【周辺地図】

大きな地図で見る

【公式HP】

http://www.musee-legiondhonneur.fr/

 

【住所】

2, rue de la Legion d’honneur 75007

【最寄り駅】
RER・C線「Musee d'Orsay」

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 えりりん 2009/03/23 12:11:00 ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/44425322

この記事へのトラックバック一覧です: 池田理代子先生おめでとう!: