2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 池田理代子先生おめでとう! | トップページ | ア、アンドレ・・・ »

2009年3月24日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

暇な貴族の恋愛遊戯 1782年

  ~アントワネット27歳~

 ラクロの書簡体小説『危険な関係』の出版は、1782年。大評判を呼び、マリー・アントワネットの蔵書にも入った。ただしちょっぴり「危険な」背徳の書ということで、豪華な装丁をほどこされながらも、表紙にタイトルは記されなかった(いずれにせよ、生涯一冊の本も読み通せなかったと言われるアントワネットだから、読了はしなかったろう)

 映画版『危険な関係』(スティーブン・フリアーズ監督、1989年公開)は、ハリウッド製。18世紀フランス貴族社会の退廃を再現し得ているかどうかはわからないが、原作の面白さは十分生きている。

 大貴族たちは、革命の足音が迫っているのに全く危機感がない。働く必要がなく、暇でしようがない彼らは、恋愛まで複雑な手順の作法、魂のこもらない遊戯へと捏(こ)ねあげてしまっている。

 何ごとも「ふり」なのだ。愛するふり、官能に身を焦がすふり、嫉妬するふり、決闘を挑(いど)むふり・・・ 退屈に心身を蝕(むしば)まれた彼らにとって、他人の心を弄(もてあそ)ぶことほど楽しい遊びはなかった。

 こうして似た者どうしのメルトイユ公爵夫人とバルモン子爵は、久しぶりに会うといつものゲームを始める。この度は、貞淑で名高い美女トゥールベル夫人をどうやって不倫の罠に嵌めるかという計画だ。

 ところが―全く予期せぬことに――バルモンは夫人に本気で恋してしまった!

 ここから三者三様の苦しみが始まる。手練手管(てれんてくだ)に長けた放蕩児バルモンは、生まれて初めての恋という炎を扱いかねて戸惑い、トゥールベル夫人はもともと政略結婚で愛はなかったとはいえ、夫を裏切る後ろめたさに悩む。

 そしてメルトイユ公爵夫人。人を陥(おとしい)れることにかけては天才的なこの悪女もまた、思いもよらぬ自分の感情に激しく動揺するのである、心底愛し合うようになった二人への、身悶えするほどの妬ましさに・・・

 あまりにも脆(もろ)く、それゆえに美しい恋は、メルトイユ公爵夫人によって無惨に叩きつぶされる。だが恋が真実だったため、彼らの肉体もまたいっしょに崩壊してしまうのだった。

 物語はここで終わるが、そのすぐ先を知っている我々は、複雑な思いにとらわれる。フランス革命勃発後、ここに登場した貴族たちの多くが、ギロチン台へ引き立てられて行ったであろう。おそらくメルトイユ公爵夫人も。 (中野京子)

movie危険な関係

監督:スティーブン・フリアーズ
出演:グレン・クロース、ジョン・マルコヴィッチ、ミシェル・ファイファー他
公開:1989年

⇒Amazon.co.jp on asahi.com で「危険な関係」のDVDを検索

scorpius      scorpius      scorpius

penお知らせ
人気本「怖い絵」の著者、中野京子さんが講演を行います。

「怖い絵」で学ぶ西洋史
講師・中野京子

近代以前の泰西名画には、知られざる歴史がぎゅっと詰めこまれています。感性による絵画鑑賞法も悪くはありませんが、西洋史という視点から絵をじっくり見てゆくと、これまでとは全く違うものが見えてくるのではないでしょうか。名画を楽しみながら、歴史の面白さを再発見していただけると嬉しいです。
今回取り上げるのは16世紀のイギリス(ホルバイン)とフランドル(ブリューゲル)、そして17世紀のロシア(レーピン)とオランダ(レンブラント)です。どんな名画が出てくるか、お楽しみに!

日時:4月9日(木) 18:30~20:00
受講料(税込):カルチャーセンター会員2,940円、一般3,570円
場所:新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター(申し込みは4階受付)
⇒詳しくは朝日カルチャーセンター新宿の講座紹介&申し込みページへ

「怖い絵」が紐解く西洋史  スリリングな名画の見方
講師・中野京子

西洋史という視点から名画を読み解く、今、注目の講師によるスペシャル講座です。近世以前の、秘められた歴史がぎゅっと閉じ込められた名画たち。そこから見えてくる世界をどうぞお楽しみください。今回取り上げるのは18世紀フランス(ルブラン、ダヴィッド、ジェリコー)とスペイン(ゴヤ)、19世紀イギリス(ホガース)です。最新刊『怖い絵 3』で取り上げる絵も2点ほどご紹介する予定です。どんな名画が飛び出すか!?乞うご期待!!

日時:5月23日(土) 13:00~14:30
受講料(税込):JTBカルチャーサロン会員3,150円
場所:新宿センタービル33階 JTBカルチャーサロン
⇒詳しくはJTBカルチャーサロン新宿教室の講座紹介ページへ

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2009/03/24 8:26:14 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (3)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/44450719

この記事へのトラックバック一覧です: 暇な貴族の恋愛遊戯 1782年:

» 短い恋、長い愛(世界史レッスン第12回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第12回の今日は、「暇な貴族の恋愛遊戯』⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2009/03/post-ef74.html#more  暇で好色な貴族が本気の恋に陥り、愕然とする様(しかしなかなか切ないものがありました)を描いた『危険な関係』について。  ロラン・バルトの恋愛論から、いくつかの名言を以下ーー  「恋は長続きしないという人がいる。しかし持続するものがなぜ良いの... 続きを読む

受信: 2009/03/24 9:05:07

» 短い恋、長い愛(世界史レッスン第12回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第12回の今日は、「暇な貴族の恋愛遊戯』⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2009/03/post-ef74.html#more  暇で好色な貴族が本気の恋に陥り、愕然とする様(しかしなかなか切ないものがありました)を描いた『危険な関係』について。  ロラン・バルトの恋愛論から、いくつかの名言を以下ーー  「恋は長続きしないという人がいる。しかし持続するものがなぜ良いの... 続きを読む

受信: 2009/03/24 9:06:54

» 恋愛のマナー ~アンシャン・レジーム期~ トラックバック 秘密の花園
世の中が見た目重視で真面目なものを避けていく動きとともに、世の中は次第に快楽主義が中心になっていきます。 快楽は、一番手っ取り早く外見を取り繕い、味わうことができるからです。 そんな快楽第一の時代に栄えた恋愛の法則は、例にもれずやっぱり快楽第一になっていきました。 つまり恋愛においてとても美味しい部分に関しては、それをできるだけ拡大して味わうことを望み、そうでない苦味をまとう部分、本当の意味での情熱だとか、競争だとか、嫉妬だとかは、全く相手にされなくなってしまったようです。 では、で... 続きを読む

受信: 2009/03/25 19:25:25