2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 殿、ご乱心 1788年 | トップページ | 音楽界、変革の時代 »

2009年4月30日 (木)

ベルばら絵日記

アントワネット様の歌う姿

べルばらの物語の中に、アントワネット様が歌をうたうシーンが出てきます。
それを観ていた女性が
「王妃さまのおうたいになったアリアの素晴らしいこと!」
と絶賛。
すると今度は違う女性が
「とちゅうちょっと音程が狂ったのは、もちろん伴奏のせいですわよね〜」
と言います(笑)

ダンスもお上手で、おしゃれなアントワネット様の歌声は、いかがなものだったのでしょうか?

しかしこの後物語では、
あの、悪女で有名な?ポリニャック伯夫人と出会ってしまうのです・・・(涙)

ノアイユ伯夫人は「天使のようなやさしい女性」といいました。
アントワネット様は「しっとりとした、木かげを思わせるような・・・」
と、表現しました。

こんな柔らかい印象のポリニャック伯夫人・・・どのタイミングで、
あんなんなっちゃうんでしょうーねー??

Photo_3

geminiなとみ一家のほのぼのブログ
なとみ家・家族4人の日常を面白おかしく綴ってあります~
「あっけらかん」是非、遊びにきて下さいね!
http://ameblo.jp/akkerakan/

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 なとみ みわ 2009/04/30 11:18:28 ベルばら絵日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/44842204

この記事へのトラックバック一覧です: アントワネット様の歌う姿: