2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「マリア・アントーニアの悲劇」 | トップページ | “贅沢”なのはロココ・ファッションだけじゃない!? 京都の「ラグジュアリー」展で確かめよう »

2009年4月 6日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

春に向けてワインも衣替えしよう!

桜の花びらが舞うパリ。3月末にはサマータイムにも切り替わり、風はやや冷たいものの暖かい日差しが確実に春を感じさせます。
パリジェンヌ達が分厚いウールのコートを脱いで明るい色のスプリングコートへ着替え、暖房の入った店内でカフェをすすっていたおじさんがテラスでビールを楽しみ始めるこの季節。ワインも春夏に向けて軽やかな味わいのものに模様替えをしてみませんか?第19回目の「私だってパリジェンヌ講座」「春に向けてワインも衣替えしよう!」をお送りします。

Image002_3

パリでは秋と春、独立生産者(Vigneron independant)によるワイン展示会―"SALON DES VIN(サロン・デ・ヴァン)"が開かれます。これは小さなワイン生産会社が自らブース出展する展示会で、プロも一般客も1本単位からワインを買い付けることができます。

Image004

Image006

 
春の青空の下、空のカートを引いてワインを求めに会場向かう人の群れ。カートを忘れた人も心配ご無用、会場にはカート売り場まで準備されています。

Image008

入場チケットと引き換えに、試飲用のワイングラスが一人ひとつずつ支給されます。このグラスは持ち帰ることもできるんですよ。

Image010

Image012

 
早速サロン会場に入ってみましょう。フランスの独立ワイン生産者およそ300のブースが立ち並んでいます。

Image014

Image016

試飲用のワイングラスを傾けると、それぞれのブースの出展者が快くワインを注いでくれます。
それぞれのブースでは、ワインの特徴、風味、土壌やぶどうの木の年齢、農薬の種類などを細かく教えてもらえます。小さな生産会社自らが出展するこのサロンならではの風景です。
仕入れの交渉をする大手ワインショップやレストランの関係者、この春夏に家庭で消費するワインを箱買いする夫婦、こだわりの一本を探す若いカップルなど、気になったブースで足を止めてはワインを試飲する姿を目にします。気に入ったものがあれば市場価格よりも割安で購入可能です。

ブースの標識にはワインの生産社名・産地・出展番号が表示されています。
300以上すべてのブースで試飲ができますが、全ての生産者のワインを試飲するのは困難なもの。お気に入りの産地を探して、飲み比べをしてみるのもひとつの案です。
私自身は寒い季節はがっしりとした強い味わいのボルドーなどを好むのですが、春夏はさっぱりとしたもの、軽い味わいのもの、南フランスのワインなどに惹かれます。

Image018

Image020

 
例えば…水色の標識のフランス北部アルザス産ワイン。すっきりとしたフルーティーな白ワインが有名です。これは食後のデザートワインにもお勧めされたミュスカ(マスカット)のワイン。細長いボトルはアルザスワインの特徴でもあります。

Image022

Image024

 
ピンクの目印はフランスのSUD-OUEST(南西)部。黄色の貴腐ワインは甘くこってりとした味わいが、南西部特産のフォアグラとも良い相性です。

Image026

Image028

 
イタリアに程近いコルシカ島のワインは紫色の目印。太陽をいっぱいに浴びたぶどうから作られるワインは明るい味わいが特徴的です。ブースの出展者である南仏訛りが特徴的な陽気なお兄さんもほろ酔い気分で、試飲用のワインラベルが赤く泣いているのもご愛嬌。

Image030

Image032

 
ここでしか手に入りにくい生産者のワインもあるので、気に入ったものがあると箱買いすることもしばしばです。

そして数時間もワインを飲み続けているとなぜか甘いものを食べたくなるのが人の常らしく、展示会場のところどころに設置されたマカロンやチョコレートの売り場は常に大人気。

Image034

Image036

 
クラシックなタイプのマカロンは間にクリームが挟まっていないタイプ。素朴な味わいです。

Image038

Image040

 
チョコレート売り場は復活祭が近いこともあってウサギや卵の形のチョコレートも。

春夏に向けて、お気に入りのワインを見つけて皆さんのおうちのワインも衣替えしてみませんか?
⇒asahi.comショッピングでフランス産ワインを検索!
ワインのあとに甘いものも♪
⇒asahi.comショッピングでマカロンを検索!

第19回の「私だってパリジェンヌ講座」はいかがでしたか?
くれぐれも飲みすぎには注意しつつも、暖かい季節には暖かい季節のワインを是非楽しんでください。(市瀬詩子

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2009/04/06 12:58:44 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/44584226

この記事へのトラックバック一覧です: 春に向けてワインも衣替えしよう!: