2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「ル・ルーの好奇心」 | トップページ | 秋ですね〜 »

2009年9月15日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

女であり男であり、白人にしてインディアン 1876年

  ~アントワネット没後83年~

 前回は男から女へのなめらかな変身物語だったが、今回はその逆に、無理やり、、しかもかなりヤケ気味に、女から男になった人間の登場する西部劇。

 インディアンと白人の不幸な歴史を描きながら、『小さな巨人』(アーサー・ペン監督、1971年公開)には、随所にユーモアが散りばめられていて笑える。

karaoke 南北戦争間近、10歳の少年ジャックは家族と幌馬車で旅のさいちゅう、インディアンに襲撃され、両親を殺されてしまう。彼と姉のキャロラインだけは別の部族に救われ、酋長から煙草のもてなしを受ける。

 実はこれ、男性限定の接待。つまり大柄なキャロラインは、相手から男と間違われたのだ。怒った彼女はその夜、弟を残し、馬を盗んでどこかへ姿をくらます。

 残されたジャックは以後インディアンとして育ち、身体は小さくとも肝は大きいというので「リトル・ビッグ・マン(=小さな巨人)」の名を与えられる。

 青年期、部族は白人との戦闘に巻き込まれた。殺されかけた小さな巨人ジャックは、インディアンでないとわかって、白人社会へ連れ戻される。

 ところが数年後、再びひょんなことからインディアンのもとへ帰り、さらにその後、またまた白人として暮らし始め・・・・と、何度も何度も行き来して、双方の長所短所を熟知、互いの果てしない争いに心を痛めてゆく。

 白人社会で商人として暮らしていたある日、ジャックは盗賊団に襲われる。なんとその首領は、すっかり男性と化した姉のキャロラインだった! 彼女はかつて男と間違えられたのを機に、いっそほんとに男になることにしたという。

 こうしてまるで神話か民話のように、さまざまな出来事がジャックにふりかかる。白人妻をインディアンにさらわれたり、再婚したインディアン妻を白人兵士に殺されたり、兄弟どうように育ったインディアンの命を救ったり救われたり。

 クライマックスは、アメリカ開拓史上に残る有名な「リトル・ビッグ・ホーンの戦い」。1876年、第七騎兵隊を率いるカスター将軍が戦術を誤り、インディアンに包囲され全滅させられた悲劇だ。

 悲劇? --確かに白人の側から見ればそうだろう。だがそれまで彼らは、どれほどの悲劇をインディアンにもたらしてきたことか。

 この映画は、従来の勇ましいインディアン退治(?)の西部劇に疑義を呈し、なおかつエンターテインメントとして成功した画期的作品である。

 そういえば、それまでの勇ましい西部劇に黒人カウボーイは登場してこなかった。現実には、カウボーイの多くが黒人だったそうだ。 (中野京子)

movie小さな巨人

監督:アーサー・ペン
出演: ダスティン・ホフマン、フェイ・ダナウェイ他
公開:1971年

⇒Amazon.co.jp on asahi.com で「小さな巨人」のDVDを検索

karaoke      karaoke      karaoke

★中野先生の講演情報をご案内します

「THE ハプスブルク」展(六本木・国立新美術館)開催記念
中野京子さんの名画を読み解く特別講座
場所:丸の内OAZO ○○広場(おおひろば)
日時:2009年9月21日(月・祝)13:30~14:30
定員:100名 ※要整理券(電話予約可)
⇒詳細はこちら

「栄光のルネサンスから華麗なロココ展」開催記念
「怖い絵と比べる!」
場所:宇都宮美術館
日時:2009年9月23日(水・祝)14:00~
定員:170名 ※要整理券
⇒詳細はこちら

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2009/09/15 8:40:26 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/46216461

この記事へのトラックバック一覧です: 女であり男であり、白人にしてインディアン 1876年:

» 「夫たちの怖い秘密」&人生相談の極意 トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第22回の今日は、「女であり男であり、白人にしてインディアン』⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2009/09/post-9974.html#more  異色西部劇「小さな巨人」について書きました。  ところで09年版ベストエッセイ集「死ぬのによい日だ」(文藝春秋社)が発行されました。わたしの「夫たちの怖い秘密」も入っていますので、お読みください(けっこう面白いですよん!... 続きを読む

受信: 2009/09/15 9:09:57