2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「その名はル・ルー」 | トップページ | 小学校の時からベルばらのファン♪おたより »

2009年11月 2日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

みんな大好きSalon du Chocolat!

第25回目の「私だってパリジェンヌ」講座は「みんな大好きSalon du Chocolat!」

Image01

10月14日から18日までパリで開催されたチョコレート見本市「Salon du Chocolat」。
世界各地で開催されるこの見本市が、今年もパリで幕を開けました。
第15回目である今年度は例年に増してイベントも盛りだくさん。
2010年1月末から、今年は日本各地でも順次開催されるこのSalon du Chocolat。一足お先にパリでの様子をお伝えいたします。

フランス人はとにかくみんなショコラ(チョコレート)が大好き!子供も大人も、性別を問わず本当にショコラの前では目をきらきらと輝かせるのです。
フランスでちょっとした贈り物といえば、まずショコラで殆どと言って良いほど間違いがないでしょう。お誕生日に、結婚式に、引越しのご挨拶に、復活祭にと、とにかく事あるごとにショコラを贈りあいます。特にクリスマスは一大イベント、今年一年お世話になった方へショコラを贈ります。この習慣は日本でのお歳暮に似た感覚なんですよ。

Image02
BIO(有機栽培)の素材を使用したショコラティエのブースにて。
「今年はこのショコラをあの人に贈ろうかな」などと思案中のムッシュー(想像)。

さて、話をSalon du Chocolatに戻しましょう。
約14000平米の会場には、フランスをはじめ世界各国から集まったショコラティエが、所狭しとブースを並べています。
またミシュランの星を獲得しているレストランのデザート部門のパティシエたちがその秘伝のレシピを発表するデモンストレーション、子供のためのチョコレート教室…など、毎日何らかの催しが開かれていました。

Image03Image04
(左)沢山の観客の見守る中で行われるデモンストレーション。実況はフランスの地上波チャンネルでおなじみの人気司会者、Christophe Devé氏。
(右)ピンク色の一角は子供たちのためのチョコレート教室。土日はとても混み合うので平日がお勧めです。

Image05Image06Image07

チョコレートのファッションショーに使用されたドレスたち。ファッションショーの収益金は子供のためのチャリティー団体に寄付されます。
繊細さ、大胆さ、デザイン性…各ショコラティエの技とセンスが光っていますね。

Salon du Chocolatの楽しみといえば、なんと言っても各店お勧めのショコラの試食。

Image08Image09
パール状のクリスプの中にショコラが入ったもの。
パーティーやクリスマスなどに最適ですね。

Image10Image11
こちらはミルク、キャラメル、ピスタチオなど多彩な味わいのショコラを詰め合わせてくれるショコラティエ。
パッケージも素朴でかわいい。

Image12Image13

日本でも人気のジャン・ポール・エヴァン。左はブッシュ・ド・ノエルの新作です。

Image14Image15

La Maison du Chocolaは販売スタッフのコスチュームもシック。スカーフをポイントにしています。

Image16Image17

ベルギーの奇才、ピエール・マルコリーニ。ミニマルなプレゼンテーションが彼の世界観を表しているのでしょうか。

Image18Image19

私が個人的にとても大好きなPralus(プラリュ)のブース。ピンクのプラリネが入ったブリオッシュPraluline(プラリュヌ・写真右)の試食は大盛況。
Pralusは、ミシュランと並んで有名なレストランガイドであるゴーミヨー誌の「2009年パリで最も素晴らしいショコラティエ(Primé Meilleur Chocolatier de Paris 2009)」選ばれ、またフランスの週刊誌"L'EXPRESS"がサロン・デュ・ショコラ開催直前の10月6日に発表した『2009年版フランスのショコラティエベスト100』で5つ星ならぬ最上位の「5枚チョコ」にも輝いたお店のひとつです。
アフリカのカカオ生産地まで自ら赴いて豆を厳選しているというプラリュさんは「カカオの冒険家」とも呼ばれているんですよ。

そんなプラリュさんも尋ねたかもしれない、ショコラの生産地であるサントメ・プリンシペ、ベネズエラ、メキシコ、ブラジルなどのカカオマス生産国もブースを設けたりイベントを開催したりしていました。

Image20Image21
(左)ブラジルのチームが伝統的なカカオの割り方を実演中。
(右)メキシコのブースに設置されていたカカオマスと乾燥させたカカオの実(奥)。

そんなSalon du Chocolatの最大の目玉のひとつが「レ・アワード・ドゥ・ショコラ(Les awards du chocolat)2009」
今年は9つの最注目のショコラティエが輩出されました。日本で開催されるSalon du Chocolatでも是非注目してみてくださいね(印は2008年に引き続き選出されたショコラティエ)。

Fabrice Gillotte★
Jean Paul Hévin★
Pierre Hermé
Vincent Guerlais
François Pralus
Pascal Legac
Pascal Lac
Pariés★
La Maison du Chocola

第25回の「私だってパリジェンヌ」講座はいかがでしたか?
まだまだご紹介したいショコラも沢山あったのですが、日本で皆さんがそのショコラたちに出会えることを願いつつ、今回は締めくくりたいと思います。(市瀬詩子

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2009/11/02 11:00:00 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (4)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/46623186

この記事へのトラックバック一覧です: みんな大好きSalon du Chocolat!:

» 安西ひろこが「東京ガールズコレクション」華麗なステージに登場! トラックバック 芸能人に口コミで人気沸騰のコスメって?
安西ひろこが「東京ガールズコレクション」華麗なステージに登場! 続きを読む

受信: 2009/11/04 11:41:07

» 超特価!赤字覚悟の大値引き!!! トラックバック 旬!産地直送!今食べたいあの一品
網元厳選活き松葉がに・大・生・A級品・1枚・産地証明タグ付き 続きを読む

受信: 2009/11/15 17:03:21

» ピカイチ☆お歳暮に最適 “おこづかい”にも…p(^^)q トラックバック サプリメント情報決定版!あなたのサプリ・健康データベースサイト
お歳暮を贈って、おこづかいももらっちゃうウラ技、私見つけちゃいました! 続きを読む

受信: 2009/11/16 22:51:23

» 魅惑的な飲み物、ココアについて トラックバック 秘密の花園
ココア好きの王妃マリー=テレーズ 今日はマリー=テレーズが愛飲したといわれている、ココアについて。 異国からヨーロッパに入ってきた最初の飲み物は、ココアであったとされています。 ココアのもとになるカカオ豆をヨーロッパにもたらしたのは、1519年にメキシコを征服したスペインの探検家、フェルナンド・コルテス。 メキシコにはなんと、カカオの神が祀られている神殿があったのだそうです。 そこでメキシコの国王は、カカオ豆をひいて、胡椒を加えた飲み物、「ショコラトル」というものを飲みました。 ... 続きを読む

受信: 2009/11/26 12:43:01