2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「王や貴族が愛した温泉」 | トップページ | 真実の愛まで…♪おたより »

2010年2月23日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

和製ホラーの原点 1825年

  ~アントワネット没後32年~

 イギリスで鉄道が開通し、ロシアでデカブリストの乱が勃発し、フランスではバルザックが破産宣告した1825年(日本の年号は文政8年)、江戸の中村座で、鶴屋南北原作の歌舞伎『四谷怪談』が初演された。

 この怪談は日本人のツボにはまり、お岩さんは幽霊界のスーパースターの座を不動のものとする。映画化は数知れないが、最高傑作と定評があるのは、恐怖と美の結合した『東海道四谷怪談』(中川信夫監督、1959年公開)。

 備前(びぜん)岡山から幕があくーー浪人の民谷伊右衛門(たみやいえもん)は、お岩との結婚を望んでいたのに彼女の父に反対され、逆恨みして待ち伏せし、斬り殺す。

 のっけからそうとうのワルである。しかしハンサムなのだ。歌舞伎でいう「色悪(いろあく)」が、これ。初演の3代目菊五郎も、水もしたたる美男だったそうで、ふだんからナルシスのように自己陶酔していたとか。

 さて、悪知恵もはたらく伊右衛門は、何くわぬ顔でお岩を仇討ち(あだうち)に誘い、江戸へ出て、ずるずる内縁関係となり、子どもまで作る。あげくの果ては、病弱なお岩にも貧乏暮らしにも嫌気がさす。

 そんなころ、町でたまたまやくざ者にからまれていた裕福な武家の娘お梅を救い、彼女から思いを寄せられる。お梅と結婚すれば、金も出世も手に入る、そう思った伊右衛門はお岩殺しを決意。ここからが凄い。

 何も知らないお岩は、産後の肥立ちに良いからと与えられた薬(実は猛毒)を飲むが、たちまち顔が痛み出す。どうしたことかと鏡を見れば、無惨なまでに醜く腫れあがり、自分とも思えない。せめて髪なりととのえようと、櫛で梳(す)けば、ごっそり毛が抜けて、ますます化け物めいたありさまに・・・。

 あまりに哀れなその姿を見た按摩(あんま)の宅悦が真相を教えたため、お岩は伊右衛門を呪いながらーー「怨めしや、伊右衛門殿、この怨み、はらさでおくべきか!」ーー死んでゆく。

 あとはご存知のように、伊右衛門とお梅の初夜の床で、お梅の顔がいつしかお岩に変わったため切りつけると、死んだのはお梅だった、などなど怪異が続いて、しだいに伊右衛門は追いつめられてゆく。

 ハリウッド・ホラーの、大音量で度肝を抜くのと違い、湿気の多い日本の風土にふさわしい、じっとりねっとりの恐怖を味わえる。和製ホラーの原点だからして、必見! (中野京子)

movie東海道四谷怪談

20100223

監督: 中川信夫
出演: 天知茂、若杉嘉津子他
公開: 1959年

⇒Amazon.co.jp on asahi.com で「東海道四谷怪談」のDVDを検索

karaoke      karaoke      karaoke
中野京子さんのテレビ出演情報をご案内します。

★番組名:「知る楽―探求この世界」(NHK教育テレビ)
★放映日時:月曜夜10時25分~(2月と3月で全8回)

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2010/02/23 8:52:18 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/47641603

この記事へのトラックバック一覧です: 和製ホラーの原点 1825年:

» サトゥルヌスとお岩さん トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇)」第33回目の今日は、「和製ホラーの原点」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2010/02/post-59a8.html#more  怖い怖い「四谷怪談」について書きました。  さて、昨晩のNHK教育「知る楽」の「『怖い絵』で人間を読む」第4回も、お岩さんと同じくらい怖いサトゥルヌスについてでした。  撮影はそれまでの京都から鳴門へ移動。スタッフさんたちは前日の夜にロケバ... 続きを読む

受信: 2010/02/23 9:27:39