2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 『セビリアの理髪師』に関わる3人の芸術家 | トップページ | 今週のベルばらKidsは「無邪気な名探偵ル・ルー」 »

2010年5月28日 (金)

神々のプロフィール―ばらに宿った神話―

アポロンが恋愛下手なわけ

 『ベルサイユのばら』では、様々な恋愛が描かれている。
 アントワネットフェルゼンの、運命の恋ともいうべき、相思相愛の恋。フェルゼンへのオスカルの、けっして口に出せない片想い。ロザリーオスカルへの少女らしい憧れ。アンドレオスカルへのけっして朽ちない忍耐強い愛情。
 そして、ジェローデルオスカルに対する求婚である。オスカルの父親公認の求婚者であるジェローデルのアプローチは、実際かなりいい線までいった。

 なにしろ、再三のオスカルの拒否にも関わらず、一度とはいえそんなにもかたくななオスカルの唇まで奪ったのだから。そのへんはさすが貴公子ジェローデル。女でありながら、男として生きるオスカルの表にはけっして出さない焦燥感を見抜き、「背のびをおよしなさい」と甘くささやいたのだ。オスカルの心にアンドレがいなければきっと彼はオスカルを妻にできたのではないだろうか。
 ジェローデルは身分も高い上に美男子だが、そうでなくても、十分恋愛上手だっただろうと私は思う。

 そんなジェローデルとは正反対に、ギリシャ神話の太陽神アポロンは、悲しくなるほどの恋愛下手である。
 アポロンの神話は、とほほな失恋エピソードのオンパレードといってもいい。

 有名なのは、ニンフダフネを追い掛け回した話。ダフネの嫌いようはすさまじく、アポロンの恋人になりたくない一心で彼女は月桂樹に姿を変えてしまった。
 まあ、それは恋の神エロスの嫌がらせで、アポロンの恋愛下手ゆえではないと言い訳もできるが……。

 だが、言い訳不可能な、まともにふられた例がいくつもある。

 まずたかが人間の女に公衆の面前でふられるという、屈辱的な失恋。
 軍神アレスの孫娘マルペッサアポロンは一目惚れする。しかし、人間の中で一番強い男といわれているイダスマルペッサを愛していた。両者ともに譲らず、二人は一触即発という状態になってしまう。
 そこで、神々の王ゼウスが仲裁に入り、マルペッサ自身に相手を選ばせることにするのだが、あっさりマルペッサイダスを選ぶ。
 マルペッサは先見の明があるなかなか賢い娘だった。
 いわく、「不死なる神であらせられるアポロンさまは、私が年をとったら私を捨てるでしょう。その点、イダスは寿命が私と同じですもの」。

 アポロンマルペッサへの失恋から一応学んだようだ。
 いつか人間の娘は死んでしまう。ならばと、シビラという娘には、砂の数ほどの寿命を与えた。だが、シビラアポロンを拒絶した。
 可愛さあまって憎さ百倍。怒れる神は、「お前に寿命は与えたが、永遠の若さは与えなかった!」と叫ぶ。哀れシビラは、いくら老いさらばえても死ぬことはできず、最後は干からび蝉のように小さくなってしまった。「なにが欲しい?」という問いかけに彼女は「死にたい」と小さな声で答えたという。

 贈り物は厳選すべきだ。シビラへの失恋からアポロンはこのことを学んだ。
 そこで、トロイア王家で一番美しい姫カッサンドラに求婚した際には、アポロンのとっておきの能力である、預言の力を彼女に与えた。アポロンデルフォイの神託の主であり、預言の神なのだ。
 だが、これも残念としかいいようのない結果となる。
 カッサンドラは、アポロンに与えられた力で自らの未来を見てしまう。カッサンドラはそのとき、アポロンに自分はいずれ捨てられることを知ってしまったのだ。当然アポロンカッサンドラに拒絶される。
 しかし、自分としては最高のプレゼンをしたアポロンはこれではおさまらない。またもや失恋に怒るアポロンは呪いともいうべき、捨て台詞を吐いた。「お前に与えた預言の力は取り消せないが、お前のその預言を誰も信じなくしてやる!」。それにより、カッサンドラは本当のことをいうにも関わらず、誰にも信用されなくなってしまい、不幸な人生を歩むことになる。

 読者のみなさんもアポロンがもてない理由がお分かりになったでしょう?
 相手に好かれたくば、相手に好かれるように、相手が望むことをすること。
 どんな美男子でも、どんな素晴らしい贈りものでも、結局それが相手の望むものでないのならまったく無意味だ。
 オスカルの密かな望みを見極めたジェローデルのようにやらなくては。
 まあ、自己中なこの神さまには、それが理解できようはずはないのだろうが。(米倉敦子

《参考文献》
『もう一度学びたいギリシア神話』 松村一男監修 西東社
『ギリシア・ローマ神話辞典』 高津春繁著 岩波書店

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2010/05/28 11:00:00 神々のプロフィール―ばらに宿った神話― | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/48461466

この記事へのトラックバック一覧です: アポロンが恋愛下手なわけ: