2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 私のGW | トップページ | 硝石に悩んだフランスと日本 »

2010年5月 6日 (木)

楽園の生活案内

華やかなるサロン

 この楽園で出世したいと思うならば、まずはサロンを攻略しなければなりません。
 何故ならサロンの女主人は社会的に政治的に大きな発言力をもつことがあり、その影響力は決して無視することができないほどに強大なものだったからです。

 

 フランス革命前後という政権のころころ入れ替わる難しい時代を通して、政界のトップの地位を守り続けた有名な政治家、タレーランですら、このようなことを語っているほどです。

「重要な事柄については、女性たちを動かさなければならない」

 さて、サロンと聞いてまず私たちがイメージするのは、大雑把にいうと「一人の女主人を中心として、彼女の自宅を使って開かれる社交の集まり」といった感じではないでしょうか。
 さらに追加するならば、「魅力的な女主人、優雅な雰囲気、洗練された会話、軽食が振舞われる、知的なことを議論する、派閥的」というイメージもあるかもしれません。

 では実際、サロンってどのようなものなのでしょう。

 私たちの想像力をさらにたくましくするために、その助けになるようなものとして、サロンの特徴をあげてみたいと思います。
 以下は、サロンの定義と言われているものです。

1.サロンとは、会話をもっとも重要なコミュニケーションの手段とするひとつの形態である。
2.そこでは女性が社交の中心になる。
3.文学・哲学・音楽・芸術、さらには政治を議論する場となりうる。
4.きまった接客日があり、常連のゲストをもつ。
 ただしサロンの女主人とまったく面識のないものも、常連を通じて出入りすることができる。その意味で開かれた社交形態であり、こうしてサロンの女主人の家という私的な空間は、なかば公共的な空間となる。
5.それは拘束力をもたない、ゆるやかな結びつきである。
 クラブやフリーメイソン、協会といったほかの社交団体と異なり、サロンのメンバーには、リスト、会則、会費といったようなものはない。
6.他の団体に比べて、職業、社会階層などの社会的出自に広がりがある。
7.女性の会員をほとんど認めなかったクラブやフリーメイソンと異なり、男性と女性が集う両性混合の社交形態である。
~『サロンの思想史』 赤木昭三・赤木登美子著 名古屋大学出版会~

 サロンというと何となく気取ったようなイメージもありますが、これを見ると、意外にもなかなか開かれていて、先進的な印象を受けるように思います。
 時代は貴族階級(と階級差別)の全盛期だったにもかかわらず、身分を問わず参加できるというのはなかなかの懐の深さを感じさせます。
 サロンでは現代の私たちでも知っているような人物……モンテスキューヴォルテールディドロダランベールなど……を磨き上げ、世に送り出しましたが、こういった事実はそういったことの表れかもしれません。
 何故なら彼らは、身分で言うなら必ずしも高い者ばかりではなかったからです。
 さらにサロンは、女性や、女性の社会進出の歴史に関する点においても無視することのできない、重要なもの。
 サロンとは華やかで軽やかな他愛のないものといったようなイメージもつきまといますが、探っていくと実はなかなか社会や歴史にとって重要なものだったのだといえそうです。

     diamond          diamond         diamond  

『秘密の花園』貴族たちの日常や文化がいっぱいなブログ。ベルばらKids関連話も更新していく予定です。よかったら是非、遊びにきてくださいね!」

     

     diamond          diamond         diamond  

《ベルばらKidsぷらざスタッフより》
 コラム『楽園の生活案内』を連載中のmashironさんが本を出しました。
 題名は『宮廷マダムの作法』で、「ロココ・ヴェルサイユの宮廷に出入りしている『貴婦人』」に的をしぼって、彼女たちの生活や慣習、人生などについて、彼女たちの目線を通すようにして描いているそうです。くわしくはこちらで⇒

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2010/05/06 19:56:22 楽園の生活案内 | | トラックバック (2)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/48287660

この記事へのトラックバック一覧です: 華やかなるサロン:

» 本について トラックバック Grotta Grande
真城七子の著作物です。 宮廷マダムの作法 販売開始いたしました! B6、140ページ ソフトカバー ※この商品はこちらにて購入できます。 タコシェ 店舗情報 〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F TEL:03-5343-3010 FAX:03-5343-4010 タコシェオンラインショップ 通信販売がご利用できます。 →購入ページはこちら   (→紹介ページはこちら) ※在庫切れの際、商品がオンラインショップ内に表示されなくなることがある... 続きを読む

受信: 2010/05/06 21:25:17

» 砂糖をまぶした猥談 トラックバック 秘密の花園
ベルばらkidsぷらざの、mashironのコラム、『楽園の生活案内』が更新されました 第21回は、『華やかなるサロン』です。 現代日本に生きる私たちにも、「サロン」と聞けば何となくイメージが湧いてくると思いますが、実際のサロンとはどのような様子だったのかについてのお話です。 詳しくはそちらを見ていただければと思いますが、こちらでは、サロンの中でもそういったサロンのイメージとは少し違った実態があったということについて記しておきたいと思います。 サロンについては、こんな説があります。 18世紀... 続きを読む

受信: 2010/05/10 17:42:17