2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ソルドの一休みに、ジェラートを持ってお散歩 | トップページ | 今週のベルばらKidsは「打つ手なしの財政危機」 »

2010年7月 7日 (水)

ベルばら絵日記

再びツヴァイク

先週、「血の伯爵夫人」エリザベート・バートリの話題で盛り上がりましたが、
あれ以降、再びツヴァイクの「マリー・アントワネット(われらが中野京子先生が翻訳されてます)」
が読みたくなってしまいました。

エリザベート・バートリの血なまぐさいお話と、
革命時の人間の残忍さとが、重なったからでしょうか?

相変わらずオスカル様は出てきませんが、読みながら勝手に
「この場面、ベルばらでは!!ごっこ」をして楽しんでおります。

Photo

アントレさん、おたよりありがとうございます。
・・・確かにリオネルルイ・ジョセフ殿下・・・似てるけど・・・
そ、そんな!!そんなまさか~~~~~!?
歴史が、歴史が変わる~~~~~!?

loveletter     loveletter     loveletter

★投稿募集★

ベルばら登場人物から告白されてみませんか?
あなたの好きなベルばら登場人物が、あなたに告白するとしたらどんなシチュエーションでしょうか?あなたが考えるドキドキの告白シーンを投稿してください。
投稿していただいた中からユニークなものは、なとみさんに「ベルばらde告白劇場」コーナーでイラスト化してもらえます。
⇒投稿する方はこちらへ


geminiなとみ一家のほのぼのブログ

なとみ家・家族4人の日常を面白おかしく綴ってあります~
「あっけらかん」是非、遊びにきて下さいね!
http://ameblo.jp/akkerakan/

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 なとみ みわ 2010/07/07 10:22:54 ベルばら絵日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/48817205

この記事へのトラックバック一覧です: 再びツヴァイク: