2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 中野京子さん監修、『マンガでオペラ』シリーズ刊行開始〈ベルばらKidsぷらざスタッフより〉 | トップページ | 皇帝ナポレオン »

2010年12月21日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

夢を信じて 1819年

  ~アントワネット没後22年

 本年最後の「世界史レッスン<映画篇>」は、ひたすらハッピーな作品にしました。夢を信じて努力すれば、きっと成功する、というメッセージは、いつの時代にも誰にとっても、きっと大きな励ましになることでしょう。

 『アンデルセンーー夢と冒険の物語』(フィリップ・サヴィール監督、2001年製作)は、14歳のアンデルセンが、たったひとりで故郷の小さな町オーデンセからコペンハーゲンへ出てきた、1819年から幕をあける。

 拙著『危険な世界史』でも触れたが、アンデルセンは故郷を出る前に占い師のところへ行っている。これは夢想ばかりで現実を直視しない我が子の目を覚まさせるため、母親が連れていったのだった。

 ところが占い師は驚くべき予言をするーーこの子は将来必ずや偉い人になり、オーデンセの町は彼のためにイルミネーションを飾って祝うだろう。

 これから無一物(むいちぶつ)で人生の荒海へ漕(こ)ぎだそうとする貧しい少年にとって、これに優る激励があろうか。彼が頑張りぬけたのは、自らの強運への確信だったに違いない。時として成功というものは、愚かしくさえ見える一途さから導かれるのだ。

 映画は、若き日のアンデルセンの経済的困窮と、彼が紡(つむ)ぎだす数々の童話を、コーヒーにミルクを混ぜるように溶かし込む。辛い現実が、いつしか宥(なだ)めのお伽話へと変わり、実際に彼と関わった人物が、お話の中で姿を変えて再登場する(俳優もいろんな役を次々に演じ分けるので、それもまた見て楽しい)。

 人魚姫、雪の女王、裸の王様、マッチ売りの少女、鉛の兵隊さん……「童話の神様」アンデルセンが生み出したキャラクターの豊富さに、改めて感嘆する。

 スウェーデンのオペラ歌手リンドへの切ない恋はーー現実どおりーー実らないが、そのかわりこの優しい映画は、彼にちゃんと別の可愛い恋人を用意してやる。

 「嘘ばっかり」などと批判せず、「よかった、よかった、めでたし。めでたし」と見終えましょう!

 ではまた来年も、このコーナーをどうぞよろしく!良いお年をお迎えください。 (中野京子)

movieアンデルセン―夢と冒険の物語 

1221

 監督: フィリップ・サヴィール
 出演: キーラン・ビュー、エミリー・ハミルトン他
 公開: 2001年

⇒Amazon.co.jp on asahi.comで「アンデルセン―夢と冒険の物語」のDVDを検索

   diamond   diamond   diamond

bell中野京子さんの監修『マンガでオペラ』刊行のお知らせ

書名:マンガでオペラ
監修:中野京子
出版社:ヤマハミュージックメディア(各A5判 120~128ページ)
発売日:2010年12月16日(第一弾)
価格:945円(税込)

『マンガでオペラ』

 オペラの有名な題材を8作品選び、中野京子氏監修の元、オペラに興味がある方はもちろん、漠然とした興味を抱いていた方やまったく知識のない方にも楽しんでいただけるよう企画・制作いたしました。シリーズは、2010年12月から2011年3月まで毎月刊行を予定しているそうです。(※商品紹介より)

◆詳細はこちら⇒

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2010/12/21 9:04:42 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/50358015

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を信じて 1819年:

» 来年もすばらしい年でありますように! トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第53回の今日は「夢を信じて」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2010/12/post-4318.html#more  「アンデルセンーー夢と冒険の物語」について書きました。  早いもので前の「世界史レッスン」から数えると、連載はもう182回になります。このブログ「花つむひとの部屋」を始めたのも、「世界史レッスン」と連動させるためでした。ですのでもう4年目です。矢のよう... 続きを読む

受信: 2010/12/21 9:41:45