2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「「ベルばら」にも余波」 | トップページ | 女子だらけの「ベルばらカルタ大会その2」 »

2011年4月12日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

アントワネットならぬジャンヌの首飾り 1784年

  ~アントワネット29歳~

 史上有名な詐欺事件のひとつが、フランス革命前夜に起きた「首飾り事件」。これは証拠もあがり、犯人も手口も明らかになったにもかかわらず、名前を利用された人間、つまり本来は被害者であるアントワネットばかりが貧乏籤(くじ)を引いた、という意味においても特殊なケースだった。

 「マリー・アントワネットの首飾り」(チャールズ・シャイアー監督、2001年公開)は、詐欺の首謀者ジャンヌ・ド・ラモット伯爵夫人を主人公にしている。

 古典的ミステリには、よく「変装」が使われる。別人になりすましてアリバイを作るわけだが、現代人にとってはなんとも嘘っぽい。いくら顔がそっくりでも、おおぜいの人の目を誤魔化せるっわけがないと思ってしまう。

 つまりそれほど現代は、室内外も夜も明るいということだ。おまけに写真があり、テレビがある。有名人なら顔から声から仕草まで、知りすぎるほど知られていて、いかな名優が演じたところで偽者(にせもの)はすぐばれる。

 しかし19世紀まではそうでもなかった。国王ですら、身近に接した者でない限り、識別は難しかったのだ。ヴァレンヌ逃亡中、従僕に身をやつしたルイ16世が何度か馬車から降りて陽の下に顔をさらしたが、ふつうの人々には気づかれなかった(オバマ大統領がウェイター姿になっても、アメリカ国民ならすぐ見破るだろう)。

 「首飾り事件」のクライマックスはこうだーー1784年、夏。ヴェルサイユのむせかえる薔薇の遊歩道で、夜半、ロアン枢機卿は王妃と密会した(と信じた)。

 実際には、王妃のふりをした若い娼婦にすぎなかったが、道具立てと衣装と夜の闇に、枢機卿はすっかり騙(だま)される。その後の展開は、ご存知のとおり。間抜けなこの聖職者は、王妃のために首飾りの代金を支払った、160万リーヴルも!

 犯罪成立の条件は面白いほど揃っていた。まず、途方もなく高価な首飾りがすでにあり、王室以外に買い手がつきそうもないため、宝石商が売却を焦っていた。

 2つ目として、大富豪ロアン枢機卿が、どうにかしてアントワネットの愛顧を得ようと(何しろひどく嫌われていた)奮戦中だった。3つ目に、アントワネットの宝石狂いと、夜の庭園での危険なお遊びがーーどこまで真実かは別としてーー皆によく知られていた。悪女ジャンヌはそうしたことをうまく組み合わせ、犯行に及んだのだ。

 映画はしかし、この詐欺師にも同情すべき点がある、没落した実家の名誉回復にお金が必要だった、ほんとは可哀そうな女性なんだ、という話に無理やり持ってゆく。これじゃあ、見るほうは納得できんわなあ。。。 (中野京子)

movieマリー・アントワネットの首飾り 

20110412

 監督: チャールズ・シャイアー 
 出演: ヒラリー・スワンク、ジョナサン・プライス他
 公開:2001年

 ⇒Amazon.co.jp on asahi.comで「マリー・アントワネットの首飾り」のDVDを検索

                           diamond   diamond   diamond

bell中野京子さんの著書

書名:中野京子と読み解く 名画の謎
   ~ギリシャ神話篇

出版社:文藝春秋社(262ページ)
発売日:2011年3月9日
価格:1680円(税込)
amazonで購入する⇒

 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2011/04/12 9:19:46 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/51367864

この記事へのトラックバック一覧です: アントワネットならぬジャンヌの首飾り 1784年:

» 「日曜美術館」に出演します トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「世界史レッスン<映画篇>」第60回の今日は、「アントワネットならぬジャンヌの首飾り」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/04/post-2640.html#more  ヒラリー・スワンクがジャンヌを演じた「マリー・アントワネットの首飾り」について...... 続きを読む

受信: 2011/04/12 9:42:29