2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「美人画家が残した逸話」 | トップページ | サバット!!♪おたより »

2011年4月26日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

ドンファンとカサノヴァとダ・ポンテと 1763年

  ~アントワネット8歳~

 ドン・ファンは伝説上のスペイン人だが、カサノヴァは実在したイタリア人。そしてドン・ジョヴァンニがドン・ファンのイタリア語読みだということは、「真実の愛を見つけたら」ですでに書いた(「第34回世界史レッスン<映画篇>」。

 さて、イタリア・スペイン合作映画「ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い」(カルロス・サウラ監督、2010年公開)は、なかなかややこしい。なぜなら主人公たるダ・ポンテの行状(ぎょうじょう)はまさにドン・ファンそのものの上、現実にカサノヴァとは年の離れた友人同士だった!

 この映画は、モーツァルトの「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コジ・ファン・トゥッテ」の3本に台本を提供したダ・ポンテの半生を描いたもの。ただしかなり史実と違う部分があり、鵜呑(うの)みは禁物。

 ダ・ポンテはヴェネチア生まれのユダヤ人。父親がカトリック教徒の女性と再婚したことから、1763年、彼も14歳で改宗し、後に司祭となった。だが本人の「回想録」によると、聖職者経験は「人生で唯一の汚点」とか。

 それもそのはず、司祭でありながら放蕩三昧、既婚女性との不祥事によって逮捕されかけ、あわててウィーンへ逃亡、欠席裁判でヴェネチア追放15年の刑になっている。

 映画は、ダ・ポンテのヴェネチア最後の日から開幕する。カサノヴァとともにゴンドラに乗っていると、霧の向こうから舞台用の大きな石像を運ぶ舟とゆきあう。カサノヴァが「ドン・ジョヴァンニ!」と敬意を表すーー後年、彼がダ・ポンテに勧めて台本を書かせる、これは伏線だ。

 現在の我々にとっては、「ドン・ジョヴァンニ」といえばモーツァルトだけれど、同名オペラはそれ以前に多数存在した。本作でも、珍しや、ガッザニーガの「ドン・ジョヴァンニ」の上演シーンが見られる。ラストも同じ、石像による地獄落とし。 

 文才あるダ・ポンテはウィーンで売れっ子となり、20作ものオペラ台本を書く。だがやはりモーツァルトとの合作が群を抜く出来なのは異論のないところで、言い方を変えれば、モーツァルトなくして彼の名が後世に残ることは無かったろう。

 映画は「ドン・ジョヴァンニ」が完成し、ダ・ポンテが心から愛する女性を見つけたところで終わっている。オペラでは放蕩を讃美し、自らは愛を選んだという結論(全く説得力はなかったが・・・)。

 「ドン・ジョヴァンニ」後、モーツァルトに残された寿命はわずか4年だったが、ダ・ポンテのほうは健康長命に恵まれた。それまで生きた分と同じ長さの人生が、まだ先に待っていたのだ。

 ヴェネチアに引き続いてウィーンでも女性問題を引き起こした彼は、そこにいられなくなって去り、ロンドンで7,8年過ごした後アメリカへ渡って、何とコロンビア大学のイタリア文学教授の座におさまった。

 80歳のときには、「ドン・ジョヴァンニ」アメリカ初演も見たという。亡くなったのはそのさらに9年後。存外、幸せな一生だったのではないか。 (中野京子)

movieドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い 

20110426

 監督: カルロス・サウラ 
 出演: ロレンツォ・バルドゥッチリノ・グワンチャーレ
 公開:2010年

 ⇒Amazon.co.jp on asahi.comで「ドン・ジョヴァンニ~天才劇作家とモーツァルトの出会い」のDVDを検索

                           diamond   diamond   diamond

bell中野京子さんの著書

書名:中野京子と読み解く 名画の謎
   ~ギリシャ神話篇

出版社:文藝春秋社(262ページ)
発売日:2011年3月9日
価格:1680円(税込)
amazonで購入する⇒

 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2011/04/26 9:16:25 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/51497604

この記事へのトラックバック一覧です: ドンファンとカサノヴァとダ・ポンテと 1763年:

» 「怖いイエ」と「知るクスリ」? トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第61回の今日は「ドン・ファンとカサノヴァとダ・ポンテと」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/04/post-bbdc.html#more  若き日のダ・ポンテを描いた「ドン・ジョヴァンニ...... 続きを読む

受信: 2011/04/26 9:48:47