2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「少女漫画と少年漫画の間」 | トップページ | ずっと一緒に。 »

2011年6月14日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

世界が注視した夫婦喧嘩 1862年

  ~アントワネット没後69年~

 「世界三大悪妻」といえば、ソクラテスの頭に水(尿?)を浴びせかけたクサンチッペ、モーツァルトの埋葬に立ち会わず遺骨を行方不明にしたコンスタンツェ、老トルストイを家出に追い込んだソフィアーーこれがいちおう定説だ(「悪夫」という言葉がないのは、いかがなものか?)

 「終着駅 トルストイ最後の旅」(マイケル・ホフマン監督、2009年公開)は、ロシアの文豪とその妻の壮絶な喧嘩の真相に迫る力作で、へレン・ミレンがアカデミー主演女優賞候補に、クリストファー・プラマーが同助演男優賞候補になっている。

 夫婦仲自体は良いのに姑とうまくゆかず離婚、という話はよく聞く。周囲の雑音と干渉に、夫婦の関係がこじれてゆくのだ。トルストイ夫妻の場合、その「周囲」たるや、姑どころの騒ぎでなく、気の毒としか言いようがない。

 ふたりが結婚したのは、1862年。34歳のトルストイは広大な領地を有する伯爵で、しかも新進作家として名を上げつつあった。多くのアヴァンチュールを楽しんできた彼が、初めて真剣に愛したのが、宮廷医の娘で18歳のソフィアだった。

 蜜月は長く続き、12人の子どもたちにも恵まれ、ソフィアは夫の書く小説にアイディアを与えたり、悪筆原稿を清書したりと、内助の功を発揮する。こうして「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」などの世界的傑作が続々生まれた。

 だが次第に、夫婦の生きる姿勢は乖離(かいり)しだす。トルストイは農奴を使った贅沢な貴族生活に罪悪感を覚え、思想家としての性格を強めてゆく。それとともに彼を神のごとく崇拝する人々が集まってきて、ソフィアを敵視するようになる。なぜなら彼女は、偉大なるトルストイの意志ーー全ての財産を民衆のために捧げたいーーを邪魔する者、と捉えられたからだ。

 確かにソフィアは「伯爵夫人」そのものだった。豊かさを愛し、オペラ劇場の建設を夢み(レコードでプッチーニの「蝶々夫人」を聴くシーンがある)、「貧民にお金をばらまいても、どうせ飲んだくれるだけ」「努力しないから貧しい」との意見を曲げなかった。

 とはいえソフィアにしてみれば、財は夫婦で築いたもの。子孫へ残してどこが悪い。「トルストイ主義」運動の担い手たちこそ、財産泥棒のようなもの。身内を護るため、断固として戦わねば!

 結婚50年近くたった夫婦は、世界中のマスコミの注視する中、派手な喧嘩をくり返すようになる。そしてついに82歳のトルストイは、財産を民衆へ与えるとの遺書にサインして家出し、小さな田舎の駅舎で客死する…。

 映画はソフィアを、決して「悪妻」の鋳型(いがた)に嵌め込むことはしない。理想主義者の夫、現実主義者の妻。今なお愛し合っているのに、互いのしがらみが多すぎて妥協点を見出せぬうち、永久(とわ)の別れを迎えずにおれなかった不幸が胸に沁みる。

 ところが、である。最後にトルストイの遺産がどうなったかが、テロップで流された。現実主義者、強し!(中野京子)

movie 終着駅 トルストイ最後の旅

Bb_2

 監督: マイケル・ホフマン
 出演: ヘレン・ミレン クリストファー・プラマー
 公開: 2009年

 ⇒Amazon.co.jp on asahi.comで「終着駅 トルストイ最後の旅」のDVDを検索

                           diamond   diamond   diamond

bell中野京子さんの著書

書名:中野京子と読み解く 名画の謎
   ~ギリシャ神話篇

出版社:文藝春秋社(262ページ)
発売日:2011年3月9日
価格:1680円(税込)
amazonで購入する⇒

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2011/06/14 9:17:10 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/51940247

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が注視した夫婦喧嘩 1862年:

» MET「ドン・カルロ」〜熱狂の一夜 トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第64回の今日は、「世界が注視した夫婦喧嘩」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2011/06/post-2ce6.html#more  見応えある「終着駅 トルストイ最後の旅」について書きました。 ...... 続きを読む

受信: 2011/06/14 10:03:01