2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「日傘の意外な使い道」 | トップページ | <番外編(2)>ベトナム ホーチミンにおけるフランス文化の影響 »

2011年6月22日 (水)

ベルばら絵日記

キャラクターに対する心境の変化とは?

今日は関東地方暑いです〜〜!!この暑さは全国的でしょうか??
朝からすでに生ビールに思いを馳せるナトミです〜〜

先日イラストレーター仲間とのんでいたら、またまた「ベルばら談義」で大盛り上がり!!

この夜壇上にのぼったのがアントワネット。
ナトミなんてね〜〜、もう何十回もベルばら読んでるんだけどね〜〜
未だに耐えられないのが、
オスカルとアンドレが死んじゃうシーンと、
アントワネットが落ちぶれていく経過・・・心痛いわ〜〜〜(涙)
若い頃はねアントワネット可哀想だな・・・と少し同情もしてたんだけど、
歳とってきたせいかね、最近はね、
アントワネットが国民の税金を湯水のごとく使い、
ポリニャック伯夫人の金づるになっていたことにも気がつかないオバカっぷりに、
腹が立って仕方がないのよ〜〜〜。
もうね、あたしが側にいたらね、
「こら!!いいかげん目をおさましっ!!」
って、ほっぺた叩いてやるのに〜〜〜!!
これもう完全母親目線なわけですけども(笑)
本当、アントワネットを正座させて、説教してやりたい心境ですよ!!
したら処刑なんかされなくて済んだかもしれないのにね・・・(涙)
一緒に飲んでいた友達は
「この落ちぶれ具合がスッキリする!」と、断言。
若いころはやはり
「アントワネット、可愛そう〜〜」
って思ったらしいんだけど、歳とってくると、
「税金の無駄遣いばっかして、国民を苦しめた罰かもね」
という心境に変化したとのこと。

だって仕方ないよね・・・うちらみんな庶民でおばちゃんなんだもん♡

ナトミの心境が変化したっていえば、ロザリーちゃん!!
以前は「なにが春風だ!!すぐ泣きやがって!!」って思ったりもしてたんですけど
最近は彼女のキャラに癒されつつある私・・・
「こんな娘が息子の嫁になってくれたら・・・」
年取ったナトミの手を引いて、病院とか連れてってくれそうじゃない?

と、ここも母親目線なナトミなのでありました。

Photo

geminiなとみ一家のほのぼのブログ
なとみ家・家族4人の日常を面白おかしく綴ってあります~
「あっけらかん」是非、遊びにきて下さいね!
http://ameblo.jp/akkerakan/

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 なとみ みわ 2011/06/22 12:42:09 ベルばら絵日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/52011559

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクターに対する心境の変化とは?: