2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは『世界の中の「ベルばら」』 | トップページ | オスカルさまのティータイム »

2011年10月 3日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

10月の「私だってパリジェンヌ」は、「ベルヴィル・ランデヴー」

美しい街=ベルヴィル(Belleville)という名前の駅周辺は、北アフリカ街やパリで2番目に古い中華街が交差する、パリの中でもエキゾチックな界隈です。今日はrue Belleville(ベルヴィル通り)の坂を上がって、ちょっと美味しい中華なものをさがしに行ってみましょう。


T1

駅の十字路からrue Bellevilleの坂を上がります。
北京ダックで有名な中華レストラン国民酒家(39, rue de Belleville:無休)の角を曲がると、Rue Rampal
この通りの10番地に、美味しいお豆腐で有名な佳美豆腐こと新佳美豆腐製品公司があります。

T2

店内はクリーミーな大豆の香りにあふれています。
豆腐は一丁1.4ユーロ。お揚げや干豆腐などもあります。

T3


日本のお豆腐の1.5倍ほどの大きさ。ワインの瓶と並べてみるとこのとおり。
遺伝子組換えではない大豆を使用しているとのことで、作りたては特に香りがクリーミー。
木綿豆腐に近い硬さを持っているので、冷奴はもちろん麻婆豆腐にもマル。

G4


ベルビル通りの坂を更に登って47番地には、ベルビルの名所のひとつ、阿国餃子館
モチモチの皮の水餃子(15)、縁がパリッとした焼き餃子(12)は共に5ユーロ前後。
餃子の美味しさもさることながら、ごはん1ユーロ、青島ビール大瓶3ユーロという驚きのリーズナブルさで食事時には行列の絶えないお店です。

G1


私と会話をしながらも高速でニラ餃子を包み続けるマダム職人技です。
更に奥に見えている餃子のタネはパプリカ入りだそう。

G2


一日に1000個、多い日は2000個を作るそうです。
持ち帰りも可能で調理済みのものと冷凍したものから選べます。

G3


卓上には具沢山のラー油、醤油、チリソース。餃子を待っている間も期待が膨らみます。
サイドメニューも茄子炒め、きゅうりの中華風マリネ、青菜の炒め物など充実です。


新佳美豆腐製品公司
10, rue Rampal
75019 Paris
最寄り駅 : メトロ211番線 Belleville
木曜定休

阿国餃子館
47, rue de Belleville
75019 PARIS
最寄り駅 : メトロ211番線 Belleville
無休

+++

ベルビルあちらこちら

rue Denoyez(Denoyez
通り)にはアトリエが並び、グラフィティーを書く人が絶えません。

R1



駅前にあるParis Storeという名のスーパーは、中華系チェーン。アジア系食材を多く扱っています。

R2



ブーランジュリーも中華系。店頭に並ぶチャーシュー入りパンもちょっと昭和の懐かしい感じがします。

R3



この香りはドリアン

R4



POUBELLE LA VIE(ゴミの人生)奥が深いです。

R5



rue Denoyez
のグラフィティー情報
http://graffadenoyez.blogspot.com/

Paris Store
http://www.paris-store.com/


+++


ベルビルあれこれ

Paris Store
でちょっと気になったもの。

S1


エビせんですが、この日本語はどうしちゃったのでしょう。

S2


ラのマーチではありません、「ちいさいきんくま」。
店頭にはメロン味しかありませんでした。

S3


箱を開けると個包装されています。「おいしい」の文字の力強さが目を引きますね。

S4


それでは11月の「私だってパリジェンヌ」でお会いするまで、À bientôt!

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2011/10/03 11:00:00 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/52863181

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の「私だってパリジェンヌ」は、「ベルヴィル・ランデヴー」: