2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「二つの悲恋、エロイーズ」 | トップページ | ジェローデルはお好きでしょう? »

2012年1月16日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

パリで見つけた「ちょっと変で面白い」もの

 

1spring

 
2012年がはじまりました。
暖冬のせいか空は灰色ながらも公園の木々に花が咲き始め、ちょっと変な気候のパリです。

そんな2012年最初の「私だってパリジェンヌ」は、ちょっと変で面白くて、試してみたいものをピックアップしてみました。

 

2reglisse


Macaron au Réglisse
(レグリスのマカロン)

真っ黒なマカロンはイカスミでもなく黒ごまでもなく、Réglisse(レグリス)。
和名はスペイン甘草(カンゾウ)と言うそうです。

このレグリスなる真っ黒な色素のを持つ植物は、グミ状もしくは乾燥させた植物の茎そのままの状態でどこのスーパーにも売っています。
フランス人はおろかヨーロッパ人的には馴染みのある、子供の頃を思い出させる懐かしい駄菓子的アイテムでもあるようなのですが、日本人の私は大分苦手です。

「このレグリスだったら食べられるかなあ今回はいけるかも
数あるレグリス商品、ヨーグルトやキシリトールのガム、あのラデュレのマカロン、色々試してみて最初はそう思うのですがそれもつかの間、薬っぽい味が味蕾の奥からグーッと押し寄せてきます。

薬、漢方薬の何か、昆布いろんな味に形容されるのですがレグリスが心から美味しい!と思うようになったら完璧にパリジェンヌになった証?まだまだその道のりは長い

2012年パリジェンヌ化計画を考えていらっしゃる方には、是非越えて欲しいアイテムです。

+++

3anis


Graines d'anis
(アニスの種など)

10区のPassage Bradyなどインド街でカレーをいただくと、会計のお皿と共に出てくる謎のスパイスミックス。
インドでもメジャーなマウスフレッシュだそうです。

アニス、フェンネル、クミン、コリアンダーの種、赤い砂糖の粒、ザラメ、カレーリーフなどなどがごちゃまぜに入っています。
これを一口つまんで食べれば、お口スッキリ効果と消化を促す効果があるそうです。
スッキリと言うか、結構口の中はザラザラ、種がガチガチと歯の間に挟まったりするんですけれども、これも併せてインド風ということで!

お店によってはフェンネルの種を砂糖でコーティングしたものを出すところもあるようです。
このマウスフレッシュが食後に出されたらパリでも本格インド料理やさんってことかも?

+++

4montdor


Vacherin Mont d'Or
(モンドール)

モンドール、直訳すれば「金の山」。でも見た目はどちらかというと「菌の山」というなのチーズです。

「これ本当に大丈夫?」と思わずにはいられないグニャグニャに波打った褐色の表皮、その上にはうっすらの白カビ。これが腐海の森かと思わせるビジュアルはインパクト大。
しかし見た目とは裏腹にとてもクリーミーで優しい味のチーズです。

このモンドール、とても柔らかく暑い時期には出回らない貴重なチーズなのです。
そのままでも熟成がちょうど良ければ、ちょっと固いようだったらオーブンで温めてトローリ溶けた中身を直接スプーンですくいます。
チーズ自体が柔らかいので箱から出さずにいただきます。パンやじゃがいもと一緒に。

+++

 

5burger


Mini-Sweetburger
(ハンバーガーのマカロン)

この記事でも何度も掲載させていただいているchez bogatoのマカロンのプラトー。
お花の香りのミニマカロンと人気を二分するのは、バンズの上のゴマまでリアルに再現した小さなハンバーガーのマカロンです。

中身の種明かしは、フランボワーズ、ガナッシュチョコレート、ミントなど。
食感まで計算されたミニマカロンは、16個入り32ユーロ(要予約)。

chez bogato
http://chezbogato.fr/

+++

6chocolat


Les chocolat du maison "g"
(gのマークのチョコレート)

牡蠣と並んで今が旬のムール貝のかたちをしたチョコレートは、MOF(フランス最優秀職人の称号)を持つブルターニュ出身のショコラティエ、Maison George Larnicolのもの。MOFのお店ながらグラム4.5ユーロという手に届きやすいお値段も驚きです。

2010年にパリに進出して以来、チョコレートだけでなくリンゴやチョコレートなど様々なフレーバーのクイニーアマン、瓶入りの塩キャラメルなどが甘い物好きの話題には必ずといっていいほど上がるこのお店。
新しくオープンしたマレのお店も要チェックです。
目印は看板の「g」の文字!

Maison George Larnicol
http://www.chocolaterielarnicol.fr/

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2012/01/16 11:00:00 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/54378531

この記事へのトラックバック一覧です: パリで見つけた「ちょっと変で面白い」もの: