2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは『楽しすぎるマラソン』 | トップページ | 走る »

2012年3月13日 (火)

世界史レッスン<映画篇>

「まだまだ生きるんでぃ」 1862年

  ~アントワネット没後69年~

 2012年は日活100周年にあたり、記念行事の一環として、半世紀前に制作された映画をデジタル修正し、ニュープリント版が世界配給されている。

 「この一本」と日活が選んだのが、『幕末太陽傳』(川島雄三監督、1957年公開)。文久2年(1862年)の品川宿(しゅく)が舞台だ。この年は生麦事件、前々年には桜田門外の変と、大きな政治的変わり目の時期、したたかに生き抜く庶民の泣き笑いが活写される。

 ――江戸に隣接する品川宿は、遊郭でにぎわっていた。人気女郎を抱える旅籠(はたご)、相模屋に、あるとき佐平次という調子のいい男がお大尽(だいじん)風を吹かせてあらわれ、数日にわたり豪遊。さんざん遊んだ末に、実は一文無しなのでここで働いて返済したい、とのたまう。

 ふつうなら只ではすまないところ、この佐平次、妙に人なつこくて憎めない上、驚くほど仕事ができる。下働きからはじまり、男衆を束ね、女郎の悩み事相談に乗り、客とのトラブルを全て丸くおさめるなど、たちまち相模屋になくてはならぬ人材となってゆく。

 この旅籠には攘夷(じょうい)派の志士たちも逗留(とうりゅう)しており、佐平次は彼らとも互角にわたりあって、来るべき国の行く末にも思いを馳せるのだ。

 脚本はオリジナルながら、随所に古典落語(「居残り佐平次」「品川心中」など)が散りばめられ、江戸っ子の笑いのセンスの良さも味わえる。

 ただし本作の笑いの裏には、常に死の影が濃く差している。一見、底抜けに陽気な佐平次だが、死病にとりつかれていた。労咳(ろうがい)だ。

 かつて日本では、肺結核は労咳(漢方用語)と呼ばれ、呪いのように見做されていた。特効薬もなく、罹患(りかん)すれば死はほぼ確実だったからだ。

 結核が空気感染する伝染病とわかったのは、1865年、ドイツのコッホが結核菌を発見したのは、1882年、劇的治療効果のあるストレプトマイシンができたのが、さらに遅い1944年。そこに至るまで、結核は死と同義であり、世界中を震撼させていた。

 『幕末太陽傳』には高杉晋作も登場するが、彼もまた死因は結核である。国を改革しようとする者も、気楽に暮らすのだけが願いの庶民も、死にまとわりつかれながら短い命を懸命に生きていた。

 ラスト、佐平次は、「俺はまだまだ生きるんでぃ」と言いながら、やみくもに走り去ってゆくのだった。 (中野京子)

movie 幕末太陽傳

51celho5ul_sl160_

 監督: 川島雄三
 出演: フランキー堺、南田洋子、左幸子、石原裕次郎、芦川いづみ
 公開: 1862年

   ⇒Amazon.co.jp on asahi.comで「幕末太陽傳」のDVDを検索

     
                    diamond   diamond   diamond

bell中野京子さんの著書

書名:印象派で「近代」を読む
出版社:NHK出版(216ページ)
発売日:2011年6月8日
価格:1050円(税込)
amazonで購入する⇒

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2012/03/13 9:40:26 世界史レッスン<映画篇> | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/54210571

この記事へのトラックバック一覧です: 「まだまだ生きるんでぃ」 1862年:

» 「男を騙すのがわっちの仕事」 トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画篇>」第75回の今日は、「まだまだ生きるんでぃ」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2012/03/post-6f2e.html#more 去年ニュープリントで公開された「幕末太陽傳」について書きました...... 続きを読む

受信: 2012/03/13 10:02:38