現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 木村信司さんインタビュー | トップページ | 『ベルサイユのばら』全国ツアーがスタート! »

2006年7月 8日 (土)

プレシャスインタビュー

樹里咲穂さんインタビュー

Ssjuri0175  宝塚きってのエンターテイナーとして知られていた。豊かなヴォリュームの歌声、細身の体からくり出す切れのいいダンス、シリアスからコミカルまで、かっこいい男から色気のある女性まで、矛盾なく演じ分けてしまう“多才なスター”樹里咲穂。彼女が宝塚のステージを卒業したのは、昨年9月。だがショー・ビジネスの世界は、そんな多才なスターを放っておいてはくれなかった。

 「宝塚プレシャス」スター列伝は、宝塚歌劇団男役スターで、退団後は女優として活躍する樹里咲穂さんの登場です。自身のターニングポイントとなった作品、定評ある歌声の秘密、男役としてのこだわり、そして退団後、初の主演作への意欲を語ります。たっぷり6分間のビデオメッセージもあわせてご覧いただけます。

(インタビューより)

――05年の9月末の退団以来、毎月のように舞台出演の仕事が続いてて、すごい活躍ぶりですね

 自分でもびっくりするくらい、あちこちから声をかけていただいて、ありがたいですね。ミュージカルやコンサート、音楽劇、ショーやライブ。劇場も大きなところから小さめの空間まで、いろいろやらせていただいてます。

――16年間という宝塚生活で、とくにポイントになる役というのはありますか?

 やっぱり『WEST SIDE STORY』(98年)のアニタですね。その3年前にも、『ME AND MY GIRL』のジャッキーという女役がきて、その頃の私って女役をやるとなぜか評判がよかったんですよ。男役ではどんなにがんばってもあまり誉めてもらえないのに。自分としては、“なんでやろ?”という思いがありました。

――8月の『花嫁付き添い人の秘密』で、ついに女優としての主演第一作を。

 いやー、緊張しますね。役もこれまでやったことがないような女の人なんですよ。天真らんまんで結婚願望の強い33歳の女性で、周りの人を気にかけるいい子で、それでやっと結婚相手が見つかって、いざ結婚式という日に、相手の男性の浮気がばれてという(笑)。

インタビュー全文と動画メッセージは「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。

-----

花嫁付き添い人の秘密

99年初演時にオーストラリアで大ヒット、映画化もされたコメディプレイを、華も実力も兼ね備えた宝塚歌劇出身女優が演じます。

期間・場所:
8月2日(水)~8日(火) 銀座・博品館劇場
8月11日(金) 茨城・つくばノバホール
8月19日(土) 大阪・シアタードラマシティ

出演:樹里咲穂、香坂千晶、星奈優里、森ほさち、戸井勝海、安奈淳

作:エリザベス・コールマン
翻訳・演出・美術:三輪えり花
音楽:石井一孝 ⇒公演情報はこちらでも

----------

樹里咲穂プロフィール

じゅり さきほ。女優、元宝塚歌劇団男役スター。大阪府出身。
 90年「ベルサイユのばら」で初舞台。月組、宙組に所属し、2000年から専科。
 宝塚時代の主な舞台に「ME AND MY GIRL」(95年)、「WEST SIDE STORY」、(98年)、「ベルサイユのばら」(01年星組)、「エリザベート」(02年花組)、「ファントム」(04年宙組)ほか多数。 05年「Ernest in Love」(花組日生劇場公演)を最後に退団。以降、舞台やコンサートで幅広く活躍。
 退団後の主な舞台・コンサートに「ベルリン・トゥ・ブロードウェイ」「エリザベート10周年ガラコンサート」ほか。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/07/08 7:00:00 プレシャスインタビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/10812766

この記事へのトラックバック一覧です: 樹里咲穂さんインタビュー: