現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 大浦みずきディナーショー | トップページ | コインランドリー(大浦みずき) »

2007年2月 3日 (土)

プレシャスインタビュー

女医、吸血鬼そしてハムレット―安寿ミラさんインタビュー

Sanju83471_1  安寿ミラのフィールドは広い。昨年は『アルジャーノンに花束を』という話題作から、ブラック・コメディ、得意のダンスを生かした舞台まで、さまざまな顔を見せてくれた。今年は3度目の上演となる『ハムレット』で幕を開け、そのあとには振付の仕事も待っている。着実に安寿ミラらしい仕事ぶりを見せてくれる彼女の“いま”を5QUESTIONSとともにチェック!

 2007年2月に3度目のハムレット役に挑戦する元宝塚トップスターの安寿ミラさんが、宝塚プレシャスインタビュー「スターNow!」に登場します。読み応えのあるロングインタビュー、前編、後編と2回に分けてお届けします。

(インタビューより)

―― 『ハムレット』ですが、初演から好評の作品でしたが、今回はどこか変わりそうですか?
 セリフは変わらないんですが、構成が変わりました。今回は最初からミュージカルが始まるということを、全面に出してます。
 すごく好きですね、今回の始まりは。ホレーショが荷車で来てしゃべっていた箇所が、今回は歌になりました。これから何かが起きるぞという、ちょっとオドロオドロしいけどカッコいい歌で、作曲は宮川彬良さん。
 私たち『ハムレット』を演じる一座がそれぞれ荷物を持って現れ、「始まりますよ」と歌って、そこから『ハムレット』の世界になるんです。

―― 初演が2002年、再演が2004年、3回目のハムレット役ともなると、愛着があるでしょうね。
 また『ハムレット』をやると聞いたときは、その間に『クラリモンド』や『田園に死す』をやっていたのですが、「あ、またやるんだ、またセリフが…」と思っていたんですよ。
 でも、いざ稽古に入ってみると、「ああ、やっぱりいい役だな」と思いました。稽古では声がガラガラになるくらい疲れるんですけど、とにかくセリフがいいですね。言葉は美しいし、比喩が何重にもかけてあって、いろんな意味が含まれている。それを言える喜びがだんだん湧いてきました。

…………

 インタビュー前半では、『ハムレット』にかける意気込みのほか、昨年の舞台を通じて大きな出会いがあったこと、普通じゃない役柄が続いたことなどについて伺いました。『ベルばらレジェンド』でオスカルの頃のお話を伺ってから約1年、安寿ミラさんの“今”がわかるインタビューの全文は「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。また動画メッセージつきの後半は2月10日に公開予定。お楽しみに!

song and dance ハムレット
 3度目の上演となる今回は、新曲も加わりよりミュージカル性が高まったとのこと。
 2月2日のシアター1010での公演を皮切りに、兵庫や池袋サンシャイン劇場で2月18日まで行われます。
 ⇒詳しくは公演情報へ

《関連記事》
「劇画から抜け出たオスカル」安寿ミラさんインタビュー!(06/04/30)
オスカルに出会わなければ―安寿ミラさんインタビュー後編(06/05/06)

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/02/03 6:00:00 プレシャスインタビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/13759049

この記事へのトラックバック一覧です: 女医、吸血鬼そしてハムレット―安寿ミラさんインタビュー: