現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 和央さんのステージ楽しみです♪おたより | トップページ | 轟悠自身の変化が見える 第3回個展『心の旅』 »

2007年7月14日 (土)

エリザベートの魅力

美々杏里さん ― ゾフィーの悲しさを持ちながら

Mimi0240  宝塚時代には名歌手として知られ、舞台を引き締めるだけでなく、女役として大きな役をたくさん演じてきた美々杏里。『エリザベート』出演は、雪組(東京)、宙組、月組と3回、最後はゾフィーという大役を見事に演じている。そんな美々杏里『エリザベート』と自分の歌について話してもらった。

 元宝塚の名エトワール・美々杏里さんが、宝塚プレシャスインタビュー「エリザベートの魅力」に登場します。

(インタビューより)

―― 美々さんは宝塚時代に、『エリザベート』は3つの公演に参加されたんですね。
 そうなんです。96年の雪組初演の頃、私はまだ星組にいたのですが、組替えで雪組に行くことになって、6月の東京公演から参加することになりました。宝塚大劇場だけで退団されたかたが何人かいて、そのかたたちのところに入ったんです。役は女官とか各国の美女とか、親戚の叔母とかいろいろやりました。そうそう、「夜のボート」で後ろのベンチに座っているお婆ちゃんもやりました。

―― 素晴らしい作品にいきなり入るのは、なかなかプレッシャーですよね?
 まだ雪組が大劇場公演のお稽古中でしたから、とにかく観なくてはと思いました。雪組の組長さんからも「大変な作品だから、とにかく稽古場に観にいらっしゃい」と。
 やはり圧倒されました。音楽の素晴らしさも感じましたし、一路真輝さんの退団公演でしたから、雪組の全体の息込みもたいへんなもので、団結力というものを目の当たりにしました。そんな中にあとから入るのですから、本当に必死。歌も動きも、まず自分なりに出来ていないと稽古場で足手まといになるので、まず譜面や動きを雪組公演のビデオを見て、全部覚えていきました。

---------------------

 自身が最後に演じた大役ゾフィーについて、一路さん、姿月あさとさん彩輝なおさん、それぞれのトートの違いや、名エトワールならではの歌への思いなどのお話を伺いました。インタビューの全文は「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。あわせて動画メッセージもお楽しみください。

⇒インタビュー全文を読むには会員登録が必要です。登録はこちらから

Mimimovie

宝塚歌劇雪組『エリザベート』-愛と死の輪舞(ロンド)-

 2年ぶり6度目の宝塚上演は、雪組の新主演コンビ、水夏希と白羽ゆりの大劇場お披露目公演にあたります。

東京宝塚劇場公演: 2007年7月6日~8月12日
主な出演:水夏希、白羽ゆり、彩吹真央、音月桂、凰稀かなめ 他
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽:シルヴェスター・リーヴァイ
潤色・演出:小池修一郎
※詳しくは⇒宝塚プレシャス公演情報へ

《関連情報》
■《特集》エリザベートの魅力

想像力をいやがうえにもかきたてるウィーン版『エリザベート』東京公演
水夏希、ビジュアルで独自のトート像 雪組『エリザベート』評(その2.出演者編)
新しい地平をめざす 雪組『エリザベート』評(その1.全体編)
制約を逆手にとった宝塚版 ― 小池修一郎さんインタビュー後編
《レビュー》すごみと迫力で圧倒 ウィーン来日版ミュージカル『エリザベート』
トートと少女マンガ ― 小池修一郎さんインタビュー(前編)
宝塚雪組全員がウィーン版『エリザベート』の舞台稽古を観劇
水夏希 x マテ・カマラス ― 二人のトート対談(後編)
水夏希 x マテ・カマラス ― 二人のトート対談(前編)

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/07/14 7:00:00 エリザベートの魅力 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/15742855

この記事へのトラックバック一覧です: 美々杏里さん ― ゾフィーの悲しさを持ちながら: