現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 安蘭けい、包み込むような優しさみせる 星組博多座『シークレット・ハンター』 | トップページ | 第18章 遺したもの »

2007年8月 6日 (月)

榊原和子の宝塚初日&イベントレビュー

圧巻の『明日へのエナジー』 星組博多座『ネオ・ダンディズム!II』

星組博多座公演初日(8月1日)
『ネオ・ダンディズム!II』

(⇒星組博多座公演『シークレット・ハンター』レビューより続く)

 星組博多座公演、ショーの方は、ロマンティック・レビュー『ネオ・ダンディズム!II』で、“男の美学”をモチーフにした岡田敬二のレビュー。
 前星組主演男役・湖月わたるのサヨナラ公演だったものを、安蘭けい用にこちらも変更してある。変わった点は2場面で、湖月へのオマージュとなった「惜別」のシーンが「明日へのエナジー」に差し替えられ、フィナーレのダンス前に安蘭が歌った「オール・バイ・マイセルフ」「ポゴシップタ─会いたい─」に変わった。
 そのほかの部分は、湖月のパートに安蘭が、白羽ゆりのパートは遠野あすかが入り、場面構成は宝塚東京劇場版と同じものになっている。

0708hoshi10

 安蘭けいはドラゴン模様の白のチャイナ服も美しく、紅のチャイナドレスの遠野あすか、紫のチャイナ服の立樹遥とともに、オープニングからこのショーの耽美な世界を浮かび上がらせる。そういう意味では、湖月版とはまた違った、やや背徳的で陰影の濃い“ダンディズム”を感じさせるショーになっている。

0708hoshi11
↑クリックすると拡大写真を表示

0708hoshi12
↑クリックすると拡大写真を表示

 また、男役の二番手ポジションの立樹だけでなく、その次に位置する涼紫央も、安心できる歌唱やダンスで存在感は大きい。そして、それぞれのポジションアップにともない、若手男役の綺華れい和涼天緒圭花夢乃聖夏麻尋しゅん美弥るりかなどがフィーチュアされているのは新鮮だ。
 女役も琴まりえがダンス場面で大活躍。また毬乃ゆい涼乃かつきといったベテランから、キューティー8に登場する若手娘役たち、梅園沙千純花まりい南帆さり妃咲せあら花ののみ八汐ゆう美羽桜しずく白妙なつまでそれぞれスポットを浴びている。

0708hoshi13
↑クリックすると拡大写真を表示

0708hoshi14
↑クリックすると拡大写真を表示

0708hoshi15
↑クリックすると拡大写真を表示

 そんな元気な若手や、組長以下のベテランまで、一致団結して見せてくれるシーンが「明日へのエナジー」。かつて宙組スタート時に作られ、その後ベルリン公演でも踊られた名ダンスシーンは、やはり圧巻だ。「ハレルヤ、ハレルヤ」と歌い上げるエネルギッシュなコーラスとパワフルな群舞が、安蘭けい以下38名(次の場面をまかされている遠野あすかをのぞく)の星組生によって炸裂する。力強いゴスペルで、前進するように跳ねるように、コートをひるがえすように踊り狂う出演者のピュアな熱さ。音楽・甲斐正人、振付・謝珠栄により、ちょうど10年前に作られたものだが、衰えない名場面の力を改めて感じさせてくれる。

0708hoshi16
↑クリックすると拡大写真を表示

0708hoshi17
↑クリックすると拡大写真を表示

 また、安蘭けいが客席に登場して歌う「ポゴシップタ」も、胸に沁みるいい場面だ。韓国ドラマ『天国への階段』の主題歌として有名で、星組韓国公演の際に安蘭が歌って好評だったものだが、韓国語と日本語で甘く切なく歌い上げる。

0708hoshi18

0708hoshi19

 さらに、フィナーレは男役ならではの黒エンビによるボレロ、そして安蘭遠野「真情真美」の優雅なデュエットダンスと続き、これぞ宝塚といったシーンが満載だ。
 エトワールは琴まりえで、パレードも銀橋がないぶん客席との距離が近く賑やか。観客からの反応も熱い博多座公演ならではの、劇場が一体となる楽しさが、たしかにそこにあると感じる公演だった。(文・榊原和子/写真・岩村美佳)

0708hoshi20
↑クリックすると拡大写真を表示

0708hoshi21

0708hoshi22
↑クリックすると拡大写真を表示  

-----------------
◆星組 博多座公演◆

ミュージカル『シークレット・ハンター』-この世で、俺に盗めぬものはない-
作・演出/児玉明子

ロマンチック・レビュー
『ネオ・ダンディズム!II』-男の美学-

作・演出/岡田敬ニ


・公演期間:8月1日(水)~8月23日(木)(⇒宝塚歌劇団公演案内へ

《関連情報》
■《公演情報》安蘭けいがダーティ・ヒーローを演じる 星組『エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス-蘭の星-』制作発表
安蘭けい初日会見『清々しい気持ちで』-さくら/シークレットハンター
壮麗な踊り絵巻 安蘭・遠野の大劇場披露公演『さくら』
安蘭けいが小粋かつ男前に演じる『シークレット・ハンター』
安蘭けい&遠野あすかの魅力が増幅 星組『ヘイズ・コード』

投稿者 宝塚プレシャススタッフ 2007/08/06 15:06:17 榊原和子の宝塚初日&イベントレビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16023927

この記事へのトラックバック一覧です: 圧巻の『明日へのエナジー』 星組博多座『ネオ・ダンディズム!II』: