現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 水夏希ならではの沖田像 雪組全国ツアー『星影の人』 | トップページ | 洋あおいさんについて♪おたより »

2007年9月19日 (水)

榊原和子の宝塚初日&イベントレビュー

参加して楽しもう! 雪組全国ツアー『Joyful!!II』

宝塚雪組全国ツアー初日(9/15)
『Joyful!!II』

(⇒初日レビュー『星影の人』から続く。)

 藤井大介の作・演出のショー『Joyful!!II』は、観れば観るほど優れたショーだと思う。「楽器」をモチーフに場面ごとに色を変えていくとともに、観客が心理的にも具体的にも(手拍子で)参加できる場面がたくさん用意されていて、会場全体を巻き込むエネルギーに溢れている。

0709joy1
↑クリックすると拡大写真を表示

 中日公演より装置はシンプルになっているが、そのぶん舞台上が広くなり、そこで歌い踊りまくる出演者たちの汗が飛び散る。とくに主演の水夏希は、流れる汗をそのままに各場面ほとんど出ずっぱりの大活躍。男役らしいキレとしなやかさのあるダンスはいちだんと魅力を増し、半年のあいだに身につけた堂々とした存在感で、ショーを引っぱっている。

 白羽ゆりはさらに細くなったが華やかさはかえって増して、とのゴージャスなコンビぶりを見せてくれる。デュエットダンスやリフトなどの難易度の高いダンスも、に安心して身をゆだねているのがよくわかり、コンビというものが時間を積み重ねてゆく良さを感じさせてくれる。

 ツアー二番手の音月桂は、安定したダンス・歌の力を存分に発揮、まかされたどのシーンも楽しそうにつとめている。とからむブラックプリンスでは男役同士のダンスで色っぽいところを見せている。

 各シーンは前回と大きく変わったところもあるので、具体的に書いていこう。
 オープニング、第一章は、いきなり舞台上に全員が居並んでいて、ニュー・コンダクターの水夏希が指揮棒を持って登場、全員でのアカペラから、音月桂のソロで白羽のデュエットダンス、また後半にはを先頭に全員の客席降りもあって盛り上がる。

0709joy2
↑クリックすると拡大写真を表示

0709joy3
↑クリックすると拡大写真を表示

 第二楽章「クレッシェンド・オン・ピアノ」は、カップルの男で沙央くらま晴華みどりと組み、またが歌い踊っていた[シェイク]音月が受け持った。ピンクタキシードの音月は華やか。途中で階段上から音神たち(奏乃はると早花まこ純矢ちとせ詩風翠)と登場する白羽は、デュエットダンスで2つの大技を見せ、観客の喝采をあびる。

0709joy4
↑クリックすると拡大写真を表示

 第三楽章は、幕前から続く未来優希のイントロで、スペシャルフィンガーのがベースとともに登場。目深にかぶったソフト帽も粋に晴華の歌手とからみ、また柊巴谷みずせ真波そら大胡せしるら男役たちとダンディに、娘役のゆり香紫保天勢いづる舞咲りん花帆杏奈とのセクシーなダンスを踊る。

 第四楽章は「狂乱のサバテアート」、白いスパニッシュのドレスの白羽が上手から、下手からはギターの歌手の未来と音神たちが現れ、やがて音月天勢沙央彩那白羽と歌い継いでいく。そしてが真っ赤なスーツで血の化身として登場、妖しく音月ら男役たちを誘惑していく。地の化身は、さらに紫のシャツに装いを変えて表れるが、このシーンののソロダンスはしなやかでありながら力強く、圧巻。

0709joy5

 第五楽章は、中日公演で評判となった「コンガ」で、黒タキシードの音月彩那真波沙央大胡がカーテン前でかっこよく歌う。幕が開くとそこは妖しいクラブ、美しいブラックビーナスの白羽が旅人のを誘惑し、やがて2人は恋に落ちる。だがブラックプリンスに引き裂かれ旅人は取り残される。その頭上に、静かにミラーボールが降りてきて、旅人を歓喜の世界へと誘っていく。

0709joy6
↑クリックすると拡大写真を表示

0709joy7
↑クリックすると拡大写真を表示

 第六楽章は「トランペット」。旅人の耳に「ジョイフル  ジョイフル」のコーラスが響きわたり、音楽の精霊たちが現れる。やがてマエストーソに変身したが下手から華やかに登場。そこから始まる全員のラインダンスが楽しい。

0709joy8

 第七楽章は「パーカッション」、全員のゴスペルから音月のソロになり、白羽のアダルトなデュエットダンスが繰り広げられる。が肩の上で白羽をリフト、最後に優雅にポーズを決める2人に盛大な拍手が送られる。

0709joy9

 第八楽章は「フィナーレ」。白い羽根を背負った音月白羽、そして中日と同じ黒い模様入り大きな白い羽根の水夏希が降りてくる。会場の手拍子に盛り上がるパレード、その賑やかさのなかでフィナーレの幕が降りる。

0709joy10
↑クリックすると拡大写真を表示

 水夏希白羽ゆり音月桂の全国ツアートリオは華やかさが溢れているし、新加入の麻樹ゆめみ舞咲りん奏乃はるとをはじめとする9名のメンバーも、中日劇場から引き続き出演のメンバーも、さまざまな「音」の世界で生き生きと歌い踊りまくる。客席降りも2回あって、ますます楽しめるものになった『Joyful!!II』。秋深い北海道まで、行く先々をそのエネルギーに巻き込んでいきそうである。(文・榊原和子/写真・岸隆子)

0709joy11

--------------------
ミュージカル・ロマン
『星影の人』-沖田総司・まぼろしの青春-

作・演出/柴田侑宏
演出・振付/尾上菊之丞

公演期間:2007年9月15日(土)~10月13日(土)

⇒詳しい公演情報は宝塚歌劇のサイトでご確認下さい。

《関連情報》
■《レビュー》スターの見せ場満載 「TCAスペシャル2007」第2部
■《レビュー》宝塚レビューを振り返る 「TCAスペシャル2007」第1部
■《初日会見》水夏希・白羽ゆり初日会見「険しい山を乗り越えていきたい」-雪組「エリザベート」
■《レビュー》水夏希、ビジュアルで独自のトート像 雪組『エリザベート』評(その2.出演者編)

■《レビュー》新しい地平をめざす 雪組『エリザベート』評(その1.全体編)
■《レビュー》音月桂、哀愁や孤独感も 雪組バウ公演『ノン ノン シュガー!!』
■《レビュー》水夏希、男役ならではのダンスが魅力 雪組『Joyfull!! II』

■《レビュー》心に沁み入る水・白羽の熱演 雪組『星影の人』

投稿者 宝塚プレシャススタッフ 2007/09/19 16:39:26 榊原和子の宝塚初日&イベントレビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16486738

この記事へのトラックバック一覧です: 参加して楽しもう! 雪組全国ツアー『Joyful!!II』: