現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« ミュージカル『蜘蛛女のキス』演出・荻田浩一さん(後編)― 男女の枠組みを超えて | トップページ | 《中級編》タカラヅカ「祭り」の法則 »

2007年11月 6日 (火)

プレシャスインタビュー

『LAVENDER MONOLOGUE』轟悠さん ― さらに高みに

Stodoroki1  今年の4月~5月に、バウホールで行われた轟悠コンサート『LAVENDER MONOLOGUE』が、東京で上演中だ(8日まで、日本青年館)。バウホールでは宙組メンバー12名との共演だったが、東京の日本青年館では雪組メンバー12名との共演になる。半年を経てさらにグレードアップした作品を、と東京公演に張り切る轟悠に話を聞いた。

轟悠
 とどろきゆう。宝塚歌劇団専科所属。熊本県出身。
1985年、宝塚歌劇団入団。『愛あれば命は永遠に』で初舞台。1997年、雪組主演男役に就任。2002年、専科に異動。2003年、宝塚歌劇団理事に就任。詳しいプロフィールは⇒⇒宝塚歌劇団「スターファイル」へ

(インタビューより)

―― 東京版のコンサートでは周りが雪組メンバーになるのですが、内容も変わるのでしょうか?
 いえ、同じままです。最初は、少し変えてみようかという声もあったのですが、1曲変えるだけでも全体の流れも変わってしまうんです。もう少し稽古時間に余裕があれば、そういうこともやってみたかったのですが、それは雪組生のスケジュール上、どうしても無理だったんです。すぐ直前まで全国ツアーに行っていたメンバーもいましたから。でも出演者が違うだけで、前回とはかなり雰囲気が違うものになっていると思います。

―― すごくクオリティの高いコンサートで、轟さんの魅力と歌唱力を生かした構成で、しっかり作られていますね。
 演出の酒井澄夫先生は、私の今年2月のディナーショー『Yu's Purple Shadow 』も作ってくださったのですが、そこからイメージを繋げて考えてくださって、このコンサートは、ヨーロッパの石畳に紫色の影が映るというイメージで作られたそうなんです。ですからパリのような明るく華やかなイメージではなく、たとえば歌う曲にも出てくるような、アムステルダムとか、そういう影のある街の雰囲気なんですね。

---------------------

 インタビューの全文はアサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

轟悠コンサート『LAVENDER MONOLOGUE』

期間:2007年11月2日(金)から8日(木)
場所:日本青年館 大ホール(⇒劇場のHP

構成・演出:酒井澄夫
音楽:吉田優子
振付:羽山紀代美、名倉加代子、若央りさ

出演:轟悠(宝塚歌劇団専科)、雪組[天勢いづる、麻樹ゆめみ、彩那音、神麗華、晴華みどり、沙央くらま、大湖せしる、祐輝千寿、悠月れな、朝風れい、彩凪翔、笙乃茅桜]

お問い合わせ:宝塚歌劇インフォメーションセンター tel.0570-00-5100(10:00-17:00水曜除く)/宝塚クリエイティブアーツ tel. 0797-83-6000(10:00-17:00水曜除く)

詳しくは宝塚クリエイティブアーツ公演案内へ

《関連記事》
■《レビュー》宝塚レビューを振り返る 「TCAスペシャル2007」第1部
■《インタビュー》日生劇場公演『Kean』主演・轟悠さん(後編)-狂気と天才
■《インタビュー》『Kean』主演・轟悠さん-誰もが共感するシェイクスピア世界
■《イベント》轟悠自身の変化が見える 第3回個展『心の旅』
■《公演情報》轟悠、役者としての力を存分に発揮したい 『Kean』制作発表
■《レビュー》轟悠 ひときわ輝く存在感 『LAVENDER MONOLOGUE』
■《レビュー》柚希礼音が等身大に演じる 星組バウ公演『Hallelujah GO! GO!』
■《レビュー》元気をもらおう!月組日生劇場公演「ミュージカル『オクラホマ!』」

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/11/06 12:38:58 プレシャスインタビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16984079

この記事へのトラックバック一覧です: 『LAVENDER MONOLOGUE』轟悠さん ― さらに高みに: