現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« AQUA5 ― ユニットの活動が宝塚の舞台にリンクする喜び | トップページ | 四人は姉妹(安奈淳、久世星佳) »

2008年1月15日 (火)

男役の行方~正塚晴彦の全作品

ハードボイルド エッグ

ハードボイルド エッグ
月組公演
1995年6月 東京宝塚劇場
主な配役
アレキサンダー・ソロモン・ジュニア(アレックス)…天海祐希
ローズマリー…麻乃佳世
ジョージ…久世星佳
マシュー・ヘンソン…汐風幸
シンディ…風花舞 ほか
 
作曲・編曲:高橋城
振付監修:謝珠栄
装置:大橋泰弘
衣装:任田幾英
照明:勝柴次朗

 この1995年の月組大劇場作品は、『LAST DANCE』におとらず、阪神淡路大震災の影響を大きく受けている。

 1月17日未明の地震は宝塚大劇場を直撃して損傷を与え、花組安寿ミラの退団公演を中断させる。続く2~3月に予定されていたのが、まさに『ハードボイルド エッグ』『EXOTICA!』だったが、全日程がキャンセルされ、6月の東京公演だけが行われた。大劇場再開は3月31日。星組麻路さきのトップ披露公演初日からになる。

 作品の内容にもこのことは関わってくる。

 プログラムによると、演出家は第1稿を1月3日には書き上げていた。それでも14日後の震災の影が拭えない。「(震災後の日々は)一見何も変わっていない日常の中に僅かな違和感がある」「この数カ月を見ても分かるように、日常というものはたださらさら流れているようでいて、思いがけないドラマを内包しているものです」

 この感覚が作品に投影されるのである。

☆        ☆    (後略)  ☆      ☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 『男役の行方~正塚晴彦の全作品』はブログ『宝塚プレシャス』でその一部を紹介し、全文はアサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の『宝塚プレシャス』でお読みいただけます。

正塚晴彦作品リスト
はじめに~宝塚の新しい時代に向かって
暁のロンバルディア―愛が蘇るとき―
イブにスローダンスを
アンダーライン
テンダー・グリーン
パペット―午前0時の人形たち―
WHAT'S THE TITLE…!
BLUFF―復讐のシナリオ―
ロマノフの宝石
銀の狼
メラコリック・ジゴロ―危ない相続人―
ブラック・ジャック 危険な賭け―手塚治虫原作より―
二人だけの戦場
WANTED
LAST DANCE

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ 2008/01/15 12:06:30 男役の行方~正塚晴彦の全作品 | | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハードボイルド エッグ: