現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 芯のある男を演じる轟さんのオーラ♪おたより | トップページ | 観るとハッピーになるミュージカル! 『ME AND MY GIRL』前夜祭 »

2008年3月 8日 (土)

プレシャスインタビュー

大和悠河さん ― 轟悠さんと宙組の素敵なめぐりあい

Syamato0370l   宙組の2作品が専科の轟悠を迎えて、宝塚大劇場で公演中である。芝居は、戦後日本の政界の裏側で奔走した白洲次郎を主人公に描く、石田昌也作・演出の『黎明の風─侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦─』。ショーは酒井澄夫作・演出の『Passion 愛の旅』で、宙組の若さと轟悠のアダルトな雰囲気が、うまくミックスされた濃い内容になっている。その舞台で主演2年目の落ち着きと、さらに華やかさや明るさを増している主演男役の大和悠河に、初日直前にインタビューした。

大和悠河
 やまと ゆうが。宝塚歌劇団宙組主演男役。東京都出身。
 95年、宝塚歌劇団入団。『国境のない地図』で初舞台。月組配属。
 『EL DORADO』(97)で新人公演初主演。『ワン・モア・タイム!』(97)でバウホール初主演。03年、宙組に組替え。07年、宙組主演男役に就任。
 詳しいプロフィールは⇒宝塚歌劇団「スターファイル」へ。

(インタビューより)

―― マッカーサーという役は、具体的にどんなふうに出てくるのでしょうか?

マッカーサーの出番は、まず日本との戦争が始まる前、ジーンという奥さんと結婚して、その結婚式から戻ってきたところから始まるんです。そのシーンでのやりとりで、彼が日本に親しみを持っていたこととか、その日本と戦争をすることになってしまった悲しみとか、マッカーサーの気持ちなどがわかるようになっています。そして戦争が終わった日本に、マッカーサーは連合国の総司令官として降り立つんですが、そこから白洲次郎との出会いがあって、というのが物語の流れになっています。

―― マッカーサーといえば、いつもパイプを持っている感じですが、あのシーンなどもありますか?

あります。飛行機のタラップから降りてくるんです。

―― あそこは当時の日本国民にとっては、強烈なインパクトだったと聞いています。アメリカの強さを見せられたというか。

実際にその記録ビデオを見せてもらったのですが、ある意味ではすごくかっこいいかたですね。どこか特別なオーラみたいなものがあると思いました。

---------------------

 インタビューの全文はアサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

---------------------
◆宝塚歌劇宙組公演◆

ミュージカル・プレイ
『黎明(れいめい)の風』-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-
作・演出/石田昌也

グランド・レビュー
『Passion 愛の旅』
作・演出/酒井澄夫

・宝塚大劇場公演(⇒宝塚歌劇団公演案内へ)
公演期間:2月8日(金)~3月17日(月)

・東京宝塚劇場公演(⇒宝塚歌劇団公演案内へ)
公演期間:4月4日(金)~5月18日(日)

《関連情報》
■《初日&イベントレビュー》ゴージャス、シック&パワー 宙組の色合い深まる『Passion 愛の旅』
■《初日&イベントレビュー》轟と大和・宙組が作り上げた『黎明の風-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-』

■《初日&イベントレビュー》轟、大和・陽月宙組主演コンビが2008年新春鏡開き
■《初日&イベントレビュー》リピートしたくなるシンプルさが魅力 宙組全国ツアー『宙 FANTASISTA!!』
■《初日&イベントレビュー》大和悠河、一人の男の陰影を見せた 宙組全国ツアー『バレンシアの熱い花』
■《インタビュー》『LAVENDER MONOLOGUE』轟悠さん ― さらに高みに
■《初日&イベントレビュー》役者・轟悠の真骨頂を見た 星組日生劇場公演『Kean』
■《初日&イベントレビュー》スターの競演で綴る"曽我兄弟の仇討" 『宝塚舞踊会』
■《初日&イベントレビュー》宝塚レビューを振り返る 「TCAスペシャル2007」第1部
■《インタビュー》日生劇場公演『Kean』主演・轟悠さん(後編)-狂気と天才
■《インタビュー》『Kean』主演・轟悠さん-誰もが共感するシェイクスピア世界
■《初日&イベントレビュー》大和悠河初日会見「新生宙組が始まる」-『バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!』
■《初日&イベントレビュー》轟悠自身の変化が見える 第3回個展『心の旅』
■《公演情報》轟悠、役者としての力を存分に発揮したい 『Kean』制作発表
■《初日&イベントレビュー》大和悠河、翳りのない輝き 宙組『宙 FANTASISTA!』
■《初日&イベントレビュー》華やかな大和、ヒロインらしい陽月 宙組大劇場公演『バレンシアの熱い花』
■《レビュー》轟悠 ひときわ輝く存在感 『Lavender Monologue』
■《初日&イベントレビュー》蘭寿とむ主演の宙組バウ『NEVER SLEEP』は大人っぽく小粋な仕上がり
■《初日&イベントレビュー》大和悠河の持ち味いきる青春活劇『A/L アール―怪盗ルパンの青春』
■《レビュー》元気をもらおう!月組日生劇場公演「ミュージカル『オクラホマ!』」

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/03/08 9:24:00 プレシャスインタビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40384811

この記事へのトラックバック一覧です: 大和悠河さん ― 轟悠さんと宙組の素敵なめぐりあい: