現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« 安奈淳さんシャンソンライブ情報♪おたより | トップページ | 第94期生ラインダンス披露、ME AND MYGIRLで初舞台 »

2008年3月15日 (土)

プレシャスインタビュー

朝澄けいさん(後編)― 渦の中に巻かれていく…荻田ワールドの魅力

Sasazumi0444  19世紀末のヴィクトリア朝ロンドンを背景に、作家オスカー・ワイルドの生涯を描いた『WILDe BEAUTY』が銀座・博品館劇場で上演中だ。演出を手がけるのはその独特の世界観にファンも多い宝塚歌劇団演出家の荻田浩一。そして、荻田作品とは宝塚時代から縁が深い朝澄けいが、この作品でオスカー・ワイルドが出会い愛した3人の女性を演じている。インタビュー後編では、荻田作品で共演が続く浦井健治のことや、荻田ワールドの魅力についてじっくり語ってもらうとともに、5つのQUESTIONに答えてもらった。

⇒朝澄けいさんインタビュー前編

(インタビューより)

――『蜘蛛女のキス』でも恋人役で共演した浦井健治さんについて聞かせてください。確か『アルジャーノンに花束を』も一緒でしたよね。

 私が感じる浦井くんは憑依体質というか、役によって全然違う人みたいになるんです。もちろん素とはまるで違うし、“乗りうつってる”系の芝居をするかたですね。
 『蜘蛛女~』では、舞台上、実際に同じ次元にいる向き合い方をしてなかったせいもあるんですけど、そばにいて触れているのに届かない感じを醸しだす人です。

(中略)

――荻田ワールドの“住人”朝澄けいさんに聞きたいのですが、宝塚時代にもたくさん出演していましたね。

 最初が日本青年館の『夜明けの天使たち』(97年)、翌年のバウホールの『夜明けの天使たち─悲しみの銃弾─』に、『聖者の横顔』(00年)と『バビロン』(02年)です。たった4作品なんですけど、その4作が私にとって深かったり、大きなものを残していて、勝手ながら荻田先生に対しては特別な親しみとか思いを持っていたんです。

――『夜明けの天使たち』から朝澄さんの役は、ずっと彼岸の住人みたいなところがあって、霊的でしたね。

 そこがいつも本当に難しかったところなんです。最終的には、荻田先生の言うことをつかめたなと感じると、「ああしよう」とか「こうしよう」とかいろいろ浮かんでくるし、初日が始まってから千秋楽が終わるまで、どんどん思いついて、最後まで飽きるどころか、「ああやりたかった」とか「こうやりたかった」とか、終わったあとでもいろいろ思うんです。ただそれをつかむに至るまでが本当にたいへんで、最初に荻田先生と話をしてるときは、脳に疲労感を感じます(笑)。

---------------------

 インタビューの全文はアサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

ミュージカル『WILDe BEAUTY』
~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~

期間:
2008年3月12日(水)から23日(日)
場所:銀座博品館劇場(⇒劇場のHP

出演:浦井健治、池田有希子、森新吾(D☆D)、小野妃香里、良知真次、朝澄けい、上野真未、戸井勝海、宮川浩
脚本・作詞・演出:荻田浩一
音楽:斎藤恒芳

お問合せ:博品館劇場 03-3571-1003

《関連情報》
■《インタビュー》朝澄けいさん ― オスカー・ワイルドが愛した女優・娼婦・妻
■《レビュー》瀬奈じゅん、タフな役者に 月組『A-“R”ex』
■《インタビュー》ミュージカル『蜘蛛女のキス』演出・荻田浩一さん(後編)― 男女の枠組みを超えて
■《インタビュー》ミュージカル『蜘蛛女のキス』演出・荻田浩一さん ― 絡まり合う糸のように
■《公演情報》朝海ひかる「新しい蜘蛛女のかたちを作っていければ」 ミュージカル『蜘蛛女のキス』製作発表
■《レビュー》鳳蘭、麻路さき、星奈優里…星組カラーで華やかに レビュー・タカラヅカ『ドリーム・オン!』
■《レビュー》荻田+春野寿美礼の“男役の美学とスパイス”が隠し味『TUXEDO JAZZ』
■《レビュー》演じ手への愛が溢れる傑作 雪組『タランテラ!』
■《インタビュー》スター列伝:朝澄けいさん

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/03/15 9:00:00 プレシャスインタビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40496506

この記事へのトラックバック一覧です: 朝澄けいさん(後編)― 渦の中に巻かれていく…荻田ワールドの魅力: