現役&OGタカラジェンヌの情報、舞台評、動画つきインタビューなど宝塚歌劇関連の話題をお届け。 ⇒詳しく
オスカルやアンドレが3頭身に!ブログ「ベルばらKidsぷらざ」では、Kids最新情報のほか、読んで楽しい連載が満載です。会員サイトでは「ベルばら」の魅力を宝塚歴代スターに聞く動画つきインタビューも!

« ご存知の方は教えてください♪おたより | トップページ | 「ドラキュラ伝説」タカラジェンヌトークショー »

2008年6月21日 (土)

プレシャスインタビュー

真飛聖さん ― 『愛と死のアラビア』『Red Hot Sea』で魅せる新生花組

Smatobu8229  昨年12月25日、花組の主演男役に就任した真飛聖。宝塚大劇場で『愛と死のアラビア-高潔なアラブの戦士となったイギリス人-』『Red Hot Sea』の2本立てでのお披露目公演を終え、7月11日からは東京宝塚劇場での公演が始まる。アラビアの地で誇り高く生きたイギリス人トマス・キースの物語と、さまざまな表情を見せる海の光景を描いたショー。その公演で主役として新生花組を引っぱる真飛聖に、公演の内容や花組主演としての思いなどを聞いた。

真飛聖
 まとぶ せい 。宝塚歌劇団花組主演男役。神奈川県出身。
 95年、宝塚歌劇団入団。『国境のない地図』で初舞台。星組に配属。
 『我が愛は山の彼方に』(99)で新人公演初主演。『ヴィンターガルテン』(02)でバウホール公演初主演。『花のいそぎ』(04)でバウホール公演単独初主演。05年、花組に組替え。『MIND TRAVELLER』(06)でシアター・ドラマシティ公演初主演。
 07年、花組主演男役に就任。
 詳しいプロフィールは⇒宝塚歌劇団「スターファイル」

(インタビューより)

―― トマス・キースという人物のキャラクター作りはどんなふうに?

 作・演出の谷正純先生がおっしゃっていたのは、今では考えられない時代の男たちの生き方であり、戦争の最中に敵国の捕虜となってしまったトマスが、宗教や考え方の違いのなかで、葛藤しながらも生きていくエネルギー、そして前に進んでいく姿を描きたい、ということでした。
 当時の歴史などをご存じのかたには、すんなり入っていけるお話だと思うのですが、難しい宗教用語や地名などがあるので、それにひっかかってしまうと、ちょっと難しく見えるかもしれません。私の演じるトマスは、捕虜になっても敵国で生きていくたくましさや、人間としての魅力を持っていて、愛称が「ハヤブサの目を持つ男」というくらい狙撃の腕もすごいんです。

―― 軍人としても能力が高いうえに、人としても優れている人なんですね。

 いちばんいいところは、自分を隠さずに出す、正直なところでしょうね。たとえば狙撃の腕を誉められても「それは銃の性能がいいからです」と言ってしまうような。自分をちゃんと持ってるし、誇り高さも持っている。そういう人柄が周りの人に認められていって、最後は国を越えた友情や愛が生まれるんです。

---------------------

 インタビューの全文はアサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「宝塚プレシャス」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

-------------------------
◆宝塚歌劇花組公演◆

宝塚ミュージカルロマン
『愛と死のアラビア』―高潔なアラブの戦士となったイギリス人―
Based on the novel BLOOD AND SAND by Rosemary Sutcliff
Copyright (c) 1987 Sussex Dolphin Limited
Japanese musical performance rights arranged with
Sussex Dolphin Limited c/o David Higham Associates Ltd., London
through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo
原作/ローズマリ・サトクリフ
脚本・演出/谷正純
山本史郎訳「血と砂」(原書房刊)を参照

グラン・ファンタジー
『Red Hot Sea』
作・演出/草野旦

・東京宝塚劇場公演( ⇒宝塚歌劇団公演案内へ
公演期間:7月11日(金)~8月17日(日)

《関連情報》
■《レビュー》パワフルでノリのいいショー 花組『Red Hot Sea』
■《レビュー》真飛聖と花組の新しい魅力 『愛と死のアラビア』
■《レビュー》真飛聖、花組らしい甘やかな男役 『ラブ・シンフォニーll』
■《レビュー》真飛の表情が魅力 花組『メランコリック・ジゴロ』はおかしさいっぱいのコメディ
■《インタビュー》真野すがたさん・朝夏まなとさん ― 名作『蒼いくちづけ』主演の2人
■《レビュー》大空祐飛ならではのテイスト 月組バウ『HOLLYWOOD LOVER』
■《インタビュー》『HOLLYWOOD LOVER』大空祐飛さん ― スタイリッシュな舞台を
■《レビュー》「こんなにも愛されて」 『春野寿美礼サヨナラショー』
■《レビュー》踊る春野を堪能 花組『ラブ・シンフォニー』
■《レビュー》春野寿美礼、哀愁を身にまとい 花組『アデュー・マルセイユ』
■《レビュー》スターの見せ場満載 「TCAスペシャル2007」第2部
■《レビュー》宝塚レビューを振り返る 「TCAスペシャル2007」第1部
■《レビュー》春野“愛を彷徨する”男好演 桜乃は華やかさと可憐さ演じ分け 花組『源氏物語 あさきゆめみしII』(その2.出演者編)
■《レビュー》春野寿美礼の魅力で見せる舞台 花組『源氏物語 あさきゆめみしII』評(その1.全体編)
■《インタビュー》『源氏物語 あさきゆめみしII』春野寿美礼さん・桜乃彩音さん(後編)
■《インタビュー》『あさきゆめみしII』主演 春野寿美礼・桜乃彩音対談(前編)
■《公演情報》妖しく美しい春野寿美礼の光源氏に期待 『源氏物語 あさきゆめみしII』制作発表
■《レビュー》愛音羽麗、まっすぐにひたむきに 植田景子の美が彩る花組バウ公演『舞姫』
■《インタビュー》『舞姫』主演 愛音羽麗さん ― 美しい物語の余韻を残したい
■《レビュー》春野寿美礼初日会見『明智を宝塚的に華やかに』-明智小五郎の事件簿/TUXEDO JAZZ
■《レビュー》荻田+春野寿美礼の“男役の美学とスパイス”が隠し味『TUXEDO JAZZ』
■《レビュー》乱歩作品にふさわしい春野“危険”な匂い『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』
■《レビュー》春野・桜乃花組主演コンビが2007年新春鏡開き
■《レビュー》スター春野寿美礼の魅力全開!『うたかたの恋/エンター・ザ・レビュー』
■《レビュー》華やかで感動的だった『宝塚舞踊会』

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/06/21 7:00:00 プレシャスインタビュー | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/41587239

この記事へのトラックバック一覧です: 真飛聖さん ― 『愛と死のアラビア』『Red Hot Sea』で魅せる新生花組: